妊娠・出産・育児の情報サイト


無痛分娩の予定がまさか!

f:id:akasuguedi:20170228230008j:plain

f:id:akasuguedi:20170228214629p:plain

初産の為、陣痛に耐えられるか不安があったので、無痛分娩可能な産院で出産に臨むことに。

38w3dの23:30、床に就くと生理痛程度の痛みが。

前日におしるしと前駆陣痛があり、その時は痛みがすぐひいていた為「また前駆陣痛だろう。」と眠ることに。

 

1:00に何かが漏れる感覚がありトイレへ。ドロドロした血の混じった液体のような物が出ており「破水か?!」と思い産院へTEL。

「おしるしの一種でしょう。家で様子を見て下さい」とのことだったのでリビングで母と過ごす。

 

痛みは継続、徐々に強くなりつつあったものの、ひどい生理痛程度の痛みだったのでひたすら前駆陣痛と思い込む。気付けば痛みの波が2、3分感覚に。

2:35「どうせ病院に行っても子宮口が開いていないと言われてまた帰されるだろう。でも一応行っておこうか」という軽い気持ちで、母とタクシーで産院へ向かう。

3:00に産院に到着すると分娩台へ乗せられ子宮口をチェック。そこで助産師さんから思わぬ言葉が!「子宮口全開やね。麻酔打つ時間ないからこのまま産んじゃおう!」。「えー!心の準備がー!!」と言う気持ちと共に「ラッキー!陣痛ってそんなに大したことないやん」と言う気持ちが勇気となり、そのまま出産に臨む。

3:55無事元気な男の子が誕生。

 

初産で色んな体験談を読んでびびりまくっていたけど、結果的に想像を下回る痛みだったので無痛分娩の費用も不要だったし、陣痛から4時間半の安産だったしで良いことづくめの出産でした。

著者:いー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。