妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃん、いるのかな…?

f:id:akasuguedi:20170301211321j:plain

f:id:akasuguedi:20170228214629p:plain

妊娠が分かった周期は、生理直後の基礎体温が低温期なのにもかかわらず、高温期並みに高い日もあり、今までにないほどガタガタしたグラフで、無排卵をうたがってました。

産婦人科でタイミング療法を受けていたのですが受診のタイミングも悪く、卵胞が育ているところも確認できませんでしたが、先生のおっしゃっていた日のみタイミングをとりました。

 

本題の兆候ですが、病院で排卵したであろうと言われた日の翌日からガタガタだった基礎体温が36.6℃付近で安定し、排卵から8日目に、体温がカクッと少し下がり、生理痛のような下腹部の痛みが一時的にありました。

『生理が早まったかな?今回もやっぱりダメか…』などと考えていたのですが、翌日37.01℃まで体温が上昇!

その後少し下がったのですが、高温期をキープしていたので、インプラーテーションディップかな?と少し期待し、生理予定日から旅行の予定があったこともあり、予定日前日(排卵したであろう日から13日目)に検査薬を試すと、真っ白陰性。そのまま旅行に出かけました。

 

旅行中、何度か下腹部痛を感じ『生理がくるのかな?』と考えてたのですが、その下腹部痛がいつもの少し違うなと感じていました。

普段は生理痛のような鈍痛なのですが、その時はピーンとはるような突っ張るような痛みやチクチク刺すような痛みでした。

『お腹が痛いのにどうして生理がこないのだろう?』と思って、3日間の旅行から帰ってきて、基礎体温を測ってみると、その後も36.8℃付近をキープしたいたので、生理予定日から5日目に検査薬を試したところ、陽性反応が出ました。

その後、生理予定日から12日後に病院に行き無事胎嚢の確認ができました。

 

わたしの普段と明らかに違った兆候は、

排卵から8日目の一時的な下腹部痛

・生理予定日付近からあった突っ張ったりチクチクした下腹部痛

・高温期から安定した基礎体温

・旅行中とても疲れやすかった

以上の4つです。胸の張りや吐き気などはありませんでした。

 

何かわたしの経験からお役に立てることがあれば幸いです。

著者:ゆきな

28歳、現在妊娠6wの初マタです。

タイミング療法5周期目で、念願の赤ちゃんを授かることができました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。