妊娠・出産・育児の情報サイト


まさか自分が...

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

結婚して3年が経とうとしていた。

夫も自分も子どもが欲しいと思っていたので基礎体温をはかり、何となくタイミングを取ることはしていたがなかなか妊娠には至らなかった。

 

友人が卵管造影検査をしたら妊娠したという話を聞いて、自分も病院に行ってみようと思った。

友人の話を聞くまでは、そんなに焦らなくてもその内できるかなーくらいに考えていた。

 

病院に行くと、血液検査や内診をした。先生からは妊活して一年しても妊娠しない場合は、不妊治療が必要と思った方が良いと言われた。

さらに血液検査から多嚢胞性卵巣症候群だということが判明した。

初めて聞く言葉に困惑、スマホで繰り返し検索した。

 

卵胞の発育が遅く、ある程度の大きさになっても排卵されず卵巣内にたまってしまう疾患。

生理不順で間隔がずれることはよくあった。

特に気にせずにいたが、まさか自分がこんな疾患を持っていたとは...。

風邪すら滅多にひかない、健康には自信があったのに...。

 

落胆のあと、すぐ治る病気なのか、そもそも治るのか、妊娠はできるのかと不安でいっぱいになった。妊娠は自然にするものと呑気に構えていたことを後悔。

もっと早く病院に来れば良かった。

病院の帰り道、夫に何て言えば良いだろうかと悩んだが、先生に言われた通りの話をした。驚いてはいたと思うが特に騒がず受け止めてくれた。

 

その後、何か自分に出来ることはないかと、調べた。

身体を冷やすと良くないという話をすると、夫は腹巻を買ってきてくれた。

私も家にいるときはモコモコの靴下を履いたり、冷たい飲み物を飲まない、氷を食べないといった冷え対策を実行した。

通院は2週間に1回くらいのペース。内診で卵胞の状態を確認、タイミングを取る日を指示して頂いた。

 

妊娠出来るまで1年以上はかかるのかなーと漠然と考えていた。病院の先生も、いつ妊娠できるか明確な答えは出せないと...。

夫に申し訳ない気持ち、両親から孫はまだかとの催促に対し苛立つ気持ち、周りからの妊娠報告を素直に喜べない気持ち。

色んな感情が溢れて、1人でいるときはよく泣いていた。

 

通院開始から3、4ヶ月が過ぎた頃、今回も排卵が無かった。

次回は卵管造影検査をすることになり、生理が来たら受診するように言われた。

落胆しながら生理が始まるのを待っていたが、なかなかこない。

生理不順で遅れてくることはよくあったため、2週間程様子をみた。それでもこない。

 

淡い期待を寄せ、妊娠検査薬を使用した。すると、陽性の判定。

排卵していなかったと言われたのにまさか...。

何かあったら困ると思い、その日のうちに病院を受診。

エコーに映った小さな丸を見ながら、先生から「妊娠してますよ」と。

安定期に入るまでは何があるかわからない、もしかしたらすぐ流産してしまうことだってあるかもしれない。丁度コウノトリのドラマ放送がされた後だったので不安もあった。

それでも初めて妊娠できたことに夫と喜び、妊娠ってやっぱり奇跡だなと思った。

著者:あさみ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。