妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんがまとめて寝てくれるように。睡眠リズムをつけて昼夜逆転の生活を脱しました!

f:id:akasuguope01:20161031171100j:plain

赤ちゃんはお腹の中では昼夜逆転の生活をしていると言われていて、そのため誕生直後は、日中はうとうと、夜になるとキラーンと起きてくることもしばしば。
赤ちゃんの誕生を祝っていろいろな方が見に来てくれ、ママは久しぶりの来客に嬉しいけど疲れたな、なんて日も赤ちゃんは夜元気いっぱい泣いてママを寝かしてはくれないと辛いですよね。
赤ちゃんはお腹の中での昼夜逆転の習慣を、約ひと月かけて修正していくと聞いたことがあります。
夜は寝る時間ということを根気強く教えるこのひと月がなかなか大変でした。
ですが、これができると自然と夜泣きも減ったように感じました。

我が家の場合は、夜はなるべく早めに暗くして、夜時間に入ったらもうこうこうと電気をつけるのは朝までお預け、ということを実践していました。
タイマースイッチなどを利用して決まった時間にスタンドが消えるようにし、一緒に寝落ちしてしまった場合も電気が消えるように工夫しました。
夜中にオムツなどを変える時は手元ライトで。昼光色でなく、暖色の電球色のライトに換え、刺激が強くならないようにしていました。
逆に朝はしっかり部屋中明るくして、毎日同じ時間に起こすようにしていました。

我が家は3人子供がいます。第一子のときは新生児期にやたらと寝かす努力をしてしまいましたが、後々考えると「あまり眠くないけどユラユラしたから寝ちゃった」時はすぐに泣いて起きてしまい、一日のうちでなかなか睡眠がまとまらず、リズムがつきにくかったように思います。

現在では1歳10か月の3番目が生まれた時は既に上の2人が小学生だったため、毎朝決まった時間(登校前)に騒がしくなり、眠かろうが同じ時間に起きるリズムが自然とつき、足りない睡眠は午前中のお昼寝でカバーしていたように思います。
(ただ、上の子供がいると夜にすべてを終わらせて早く暗くすることのハードルが高かったです・・・)

赤ちゃんの日中のリズムらしきものができた頃、だんだん夜泣きも減って、夜もまとまった睡眠がとれるようになってきたように思います。

私自身は夜中もわずかな赤ちゃんの気配で目が覚めてしまい、寝た気がしませんでしたが、「産後のママは赤ちゃんと同じ睡眠リズムで、夜中に細切れ睡眠になっても身体を維持できるようになっている」と聞いてからは身体の神秘に感動し、夜中に起こされてしまっても「ママアンテナの感度いいな~」と思えるようになりました。

3人の子供の中で一番寝なかった長男も小学生になった今は揺さぶろうが大声かけようが寝ています・・・。
あんなに寝なかった乳児期が不思議なくらいです。

f:id:akasuguope01:20161029105552j:plain

著者:のんおん
年齢:37歳
子どもの年齢:12歳、9歳、1歳10ヶ月

3人の男の子のママです。私自身が一人っ子だったため反動で3人も産んでしまいました。
毎日大忙しですがタイプの違う3男子に笑わせてもらっています。
長男は慎重派、次男は大胆、三男はどんな性格になるのか・・・これからの子育てがまだまだ楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。