妊娠・出産・育児の情報サイト


「出来ないのかと思っていたけど、作らなかったのね!」デリカシーゼロの義姉、突然の来訪 by ゆうひまほ

私の夫は兄弟の末っ子です。

ひとりだけ年の離れた子で、私はその夫より7つ年下なので、夫の兄や姉の子(甥っ子や姪っ子)とのほうが年が近いという不思議な状態になっています。

姑が40歳で夫を出産したので、私と姑の年齢差は47歳もあるのです。

そのため、姑にとって私は「孫」のようなものらしく、一線を置いたお付き合いになっています。

これは夫自体が義実家と距離を置いているからもあると思います。(家は近い)

妊娠がわかった際にも、「伝えておかないと」と電話で伝えましたが、夫は「別にわざわざ言わなくても良いのに」と言っていました。

f:id:akasuguedi:20170228120205j:plain

姑は大変喜んでくれたので、電話してよかったと感じた…のですが…。

 

それから数日後、自宅のチャイムが鳴りました。

f:id:akasuguedi:20170228120220j:plain

夫の姉、「突然の来訪」です。

この義姉というのがちょっとクセモノで、デリカシーが無いというか、悪気なく素直に思ったことをすぐ口にしちゃうタイプ。

内心ゲッと思うわたし・・・。

 

f:id:akasuguedi:20170228120256j:plain

「まほちゃん、きいたよー!あかちゃんできたんですってー?」

姑に会いに来たついでに、我が家にも寄ったようです。

「は、はい…。」

「えー、でも全然わからないじゃない、今何か月ー?」

と、嘗め回すように私を見る義姉。

「5か月に入るところです。」

「えー、うそー、私の時はもっとボーンと大きくなったよー?大丈夫なのぉ?

もっと太らないと赤ちゃん育たないよ!

「ちゃんと二人分の栄養とってるぅ?」

と、こちらが心配になるような言い方をされてしまいました。

「だ、大丈夫です。検診にも行っています。」

実際、検診では順調に赤ちゃんは育っていて、逆に「赤ちゃんが大きくなりすぎないように」と注意されるほどでした。

 

そしてマシンガンのように「自分が妊娠した時の話」をまくしたててから、

f:id:akasuguedi:20170228120306j:plain

と…。

 

f:id:akasuguedi:20170228120435j:plain

治療の日々を思い出し、
怒りたい気持ちをぐっと抑えて、「アハハ…」としか返せませんでした。

 

この間、時間にして5分…しかし、私の体力はごっそりと削られ…

「それ私以外に言ったらダメですよ…?」と思った私でした。

 

夫が義実家と距離をおく理由がすこしわかったような…。

何歳になっても、発言には気を付けようと思った出来事でした。

>>>次回のエピソード:市販の点鼻薬が心配…花粉症妊婦の私が出会った“ボソボソ”先生 by ゆうひまほ

 

f:id:akasuguedi:20160617171450p:plain

著者:ゆうひまほ
年齢:アラフォー
子どもの年齢:1歳

36歳で妊娠出産、現在元気いっぱいな一歳男児を必死で育てています。広島を愛するアニソンヲタなミーハー主婦。
イラストだけでなく、手芸やDIYも好きな、「なんでもとりあえず自分でやってみる」派です。現在はそれらに没頭する時間が無いのが悩み。
ブログ:よいやさのゆっちサン

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。