妊娠・出産・育児の情報サイト


立ち会いは4歳と2歳の娘だけ! 赤ちゃんと上の子たちと一緒に頑張った、最高の出産

予定日より10日遅れ、入院して内服薬で陣痛を促す事になりました。

 

入院し、朝10時から1錠→以後1時間毎に内服して、3錠目を飲んだ後位から、何だかお腹がシクシク…12時半頃から10分毎の陣痛がやってきました。

13時に最後の1錠を飲んで、計4錠で内服は終了し様子を見ることに。

 

実父母は遠方のため来られず、義父母も所用のため不在。

夫は休みが取れず、午後から出勤だったので、4歳の長女と間もなく2歳になるの次女を病室に置いて出勤。

独身の義弟が自宅待機で、陣痛が強くなってきたら病院で子ども達ををみてもらう予定でした。

 

上の子達には立ち会いを!と勧めている病院だったので、娘達と一緒にシャワー浴をしたり、診察に娘達もついてきてくれました。

2階の分娩室で診察を受け、陣痛は5分間隔でしたが、子宮口は2センチほどで「まだもう少しかな~」と言われ、3階の病室に歩いて戻ったら17時。

娘達にお弁当を食べさせている途中から3分間隔に。

 

17時半頃にナースコールを押すと「別の方が分娩中なので、歩けるなら分娩室に来て下さい」と言われたので、カメラと携帯電話を持って娘達と分娩室ヘ。

 

分娩台に乗ったら、何か出そうな感覚…

17時47分「全開大!」17時54分「人工破膜」

娘達は分娩台の横に二人で立って真剣に見ています。院長先生の奥様(助産師さん)が娘達を気にかけて下さり、ずっと傍にいて下さいます。

5、6回おへそをみて「ふー」っといきんだら、スルッと17時58分に元気な長男が出てきてくれました。

 

長女はへその緒がみたいとずっと言っていたので、間近で見られて大満足。

次女も「へその緒ぐるぐるー!」と言ってはしゃいでいました。

しばらくして義弟が来てくれて、娘達と病室で待っていてくれました。

 

息子も頑張って生まれてきてくれましたが、今回の出産は娘二人の成長と頑張りに感動しました。

何より、そばに二人がいてくれて、とても心強かったです。

また、病院のスタッフの皆さんの協力や支えがあって乗り越えられたと思います。本当にありがたい出産でした。

娘達と乗り越えた出産、最高の思い出です!!

 

ちなみに夫は、私達が分娩室から病室に戻ってすぐに到着。私が陣痛に耐えている姿も見ずに…。(苦笑)

著者:みわん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。