妊娠・出産・育児の情報サイト


これが私のソフロロジー♪ イメトレを重ねて、出産の不安が楽しみに by グラハム子

諸々の事情で無痛分娩を諦めた私でしたが、出産に対する恐怖が消えたわけではありません。

 自然分娩でもなるべく痛みの少ない出産方法はないか、検索してみました。

f:id:akasuguedi:20170310100232j:plain

すると『ソフロロジー出産法』と言うものを見つけました。

ソフロロジー出産とは、自然分娩ではあるけれど、自分のペースで痛みの少ない落ち着いた出産ができる、とありました。

しかしソフロ法は取り入れている産院といない産院があるようで、残念ながら私の通う産院ではやっていませんでした。

ですが自己流でも効果はあると言うことなので、早速ソフロについての本を購入しました。

f:id:akasuguedi:20170310100255j:plainそこには、ソフロにおいて一番重要なことは呼吸法である、と書かれていました。

無理に息を止めたりいきむことはせず、
「フ―――――」と長い息を吐いてリラックスした状態で陣痛や出産を迎えることで、スムーズにお産が進むそうです。

f:id:akasuguedi:20170310100437j:plainその他にもネットにあった他の人の体験談や口コミを見て、取り入れられそうなことは全て実践することにしました。

 

そして何より、出産はイメージトレーニングをすることが大切とありました。
なので夜寝る前や時間のある時には、何度もイメトレをして備えました。

f:id:akasuguedi:20170310100536j:plain

私はこの当時、息子と毎日見ているEテレのピタゴラスイッチに出てくる「ネンドレナンドレラッツの跡じまん」の歌が大好きだったので、陣痛時の脳内BGMはこれに決めて励みました。

こうしてイメトレを重ねていった結果、正産期になる頃にはあんなに不安だった出産が不思議と楽しみに変わっていました。

f:id:akasuguedi:20170310100625j:plain

(あなたのペースでいいから、もういつでも出ておいで。皆待ってるよ。)

毎日お腹に語りかけました。

 

f:id:akasuguedi:20161129082147j:plain

著者:グラハム子
年齢:29歳
子どもの年齢:2歳と1歳

いたずらっ子で元気いっぱいな兄妹に振り回されているお母さん。堅あげポテトと甘いコーヒーが好き。 家族が寝たあと夜中にインスタグラム育児絵日記を描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。