妊娠・出産・育児の情報サイト


ふたりでがんばったお産

立ち会いはパパの希望でした。立ち会い不可の病院もあるので、初めから調べて病院も決めました。

里帰り出産だったので、夜中に弱い陣痛が始まり、パパに連絡。すぐにきてもらい、陣痛の間隔を計って十分を切ったところで病院に連絡して向かいましたが、お産は進まず一旦帰ることに…

昼寝をしたり、ゆっくりしていたら陣痛はどんどん遠のいていって、夕方進むように階段の上り下りをしたり、スクワットをしたりしました。その結果か破水し、病院へ。痛みが弱く(こんなものなのかな?耐えれるな。私痛みに強いのかなと思いました)今日中にはうまれないかもといわれていましたが、どんどん痛みは強くなり、赤ちゃんがおりてきました。ただ子宮口があかず、最終的には助産師さんに無理やりこじ開けてもらい、これが一番痛かったです。陣痛もどんどん痛くなって、お股の骨がひっくり返るんじゃないかと思いました。あまり私が痛がるので、パパは泣いていました。

食事をとったほうがいいと言われ、買ってきていたお弁当を食べましたが、陣痛が強くなってからは吐いてしまいました。

パパは終始落ち着いていて(自分に言い聞かせていたようですが)腰をさすったり、呼吸を一緒にしてくれたり励ましてくれて、一緒に頑張ってくれました。

いよいよ分娩台にうつってから、30分くらいでしたが、痛みで早くなってしまう呼吸をパパと助産師さんが声をかけて落ち着かせてくれて、なんとか頑張れました。

 

うまれてすぐも一緒に写真を撮ったり、私の頭側からですが、赤ちゃんが出てきてへその緒がついているのもパパは見れたので、感動したと話していました。パパは血が苦手でしたが、頭側にいるし、胎盤を出すときは外に出ていてもらったりしたので大丈夫だったみたいです。

 

頑張ったね。ありがとうとパパに言われて、また1つ夫婦の絆が強くなったように感じられてとても幸せなお産になりました。

著者:かんちゃんママ

将来子どもと一緒に料理するのが楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。