妊娠・出産・育児の情報サイト


突然始まった断乳日記

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

長女が1歳の誕生日を迎えた頃、2人目の赤ちゃんがお腹にいることがわかった。

 

1人遊びが出来るようになっていたのに、突然甘えん坊になり、常に抱っこ抱っこと後追いがひどくなった。

長女なりに何か感じとっていたのだろうか。

 

妊娠しているであろう時期からなんだか母乳の出が悪くなっていた。時間が空いても、おっぱいが張ってこないのだ。産後3ヶ月から1歳1ヶ月まで完全母乳だった。

 

検診で、絨毛膜下血腫と診断され安静入院をすすめられた。急遽夫に休みを取ってもらい、自宅で安静にすることにした。当然、断乳しなければならない。娘は断乳完了までの間夫と寝ることになる。

 

断乳1日目の夜、3時間半、娘は大泣きだった。声を枯らして、泣き疲れ布団に倒れ込んだ時に夫がすかさずトントン。静かになり、寝た。娘が泣き叫んでいる間、涙が溢れた。

 

まさか、血腫が出来ているとは思わなかった。腹痛があり、出血もあったが、妊娠判明前だったため、生理不順だと思い、家事育児、用事を優先した。もっと早く病院に行っていれば、突然、娘から大好きなおっぱいを取り上げずに済んだのではないかと後悔した。

 

断乳2日目夜、30分ほど泣き、泣き疲れて寝た。

 

断乳3日目助産師外来へ行きおっぱいマッサージをしてもらった。夜はわずか2分ほど泣き、夫のトントンで寝た。

 

断乳4日目も5日目、2分ほど泣き、静かになり、夫のトントンで寝た。

気になることは、うつ伏せ寝になってしまうことだった。

 

断乳6日目の夜、私と同じ布団で寝ることにした。「ねんねよ~。おやすみ。」と話しかけると、娘も「ねんね。ねんね。」と言いながら、いい子にお布団に横になる。横になったまま5分ほど目を開けていたが、泣くことはない。足の裏を優しくマッサージしてあげると、すっと寝た。

 

おっぱいへの想いが断ち切れたようだ。

今も目の前で絵本を出して遊んでいる。おっぱいと寄ってきたらマグマグに入れた温かい麦茶を手渡す。おやつにヨーグルトやフルーツをあげる。

 

我が子の場合、断乳にかかった日数は6日間だった。

 

2日目の夜胸が張って辛いとき、お風呂で圧抜きをした。

3日目の昼間、検診の際、助産師外来で搾ってもらった。

おっぱいトラブルは今のところない。

 

張って痛くて我慢できなくなったら乳輪の外側を親指と人差し指で全方向押して、辛くなくなるまで、搾り、冷やすと良いと助産師さんに教えてもらった。

 

断乳中、お風呂や寝るときの娘の世話は、夫に担当してもらった。娘もおっぱいを見ると思い出してしまうし、寝かし付けの抱っこも、胸が痛くてつらいと思う。

 

できるだけ旦那さんの協力の得られる時に断乳するのが良いと思う。

 

皆さんも、2人目妊娠中は無理しすぎないように自分の身体も大切に!

 

著者:可愛い天使のママン

上の子の育児休業中に2人目妊娠判明したママです。

 

娘が1歳で体重10キロと重め、抱っこがつらい。

 

上の子の出産時は、安産になるように、毎日の洗濯炊事に拭き掃除、2時間の散歩をしていたためか、無理をし過ぎて、破水から始まり、陣痛促進剤を6錠飲み、つらかったので、2人目は絶対無理しないぞ!と決心してます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。