妊娠・出産・育児の情報サイト


お産って意外に楽しい!

初産で30歳の者です。

予定日ぴったりの2月11日の出産でした。

 

私のお産の流れです。

 

1月9日から時々強いお腹の張りと痛みあり。2月7日からおしるしと5分~10分間隔の生理痛のような痛みが毎日あり。毎日検診に行くも子宮口0センチ。予定日前日、2月10日の検診でも変わらず。しかし夕方からいつもの痛みと強さが違うと感じる。深夜0時頃から腰に強い痛みが出てくる。1時間様子見して変わらずなので病院に電話して向かう。子宮口開き始めているとのことで様子見の入院。

 

そこからは5時に子宮口3センチ、8時に5センチ、10時前には7センチになり、11時半に自然破水、分娩室へ入り約40分後の12時22分、2916グラムの元気な男の子が産まれてきてくれました。陣痛開始から約12時間での出産でした。

 

陣痛は想像しているより痛くなかったです。そうは言っても妊娠中は怖くて色々ネットで情報を漁りました。でも不安な時にはよく胎動を感じていて、お腹の赤ちゃんが大丈夫だよ!って言ってくれてる気がしました。赤ちゃんと自分の身体を信じようと、陣痛を乗り越えるソフロロジー法や会陰マッサージなど準備をすることで不安を減らすようにしました。

 

呼吸法は使えました。息をしっかり吸ってゆっくり吐く、これだけでも全然違います。あとは母が陣痛中には腰をさすってくれていたのが大きかったと思います。

 

私の場合、陣痛より破水してからいきみたいのにいきめないのが苦痛でした。うんちが出ます!と叫んでました。それは赤ちゃんだからまだダメです!と助産師さんに怒られてました(笑)

 

分娩台には乗ってからはあとはもう出すだけ。鼻からスイカという表現は分かります。あれは鼻からスイカが出るほどの痛みでなくて、鼻からスイカを出すくらい出るのか?というものを出す感じのこと言ってるんだなぁと思いました。でも出ます、大丈夫です。

 

いろんな出産があるので感じ方も人それぞれだと思いますが、出産は楽しいですよ。まずは自分と赤ちゃんを信じて、痛い時は意識を痛いと思うことから呼吸をすることに向けると楽に乗り越えられます。

 

私が思うに出産後に授乳する時の乳首の痛みのほうが辛い気がします(笑)でもそれも半月経てば余裕です。

 

出産で怖いと思う方の少しでもお役に立てますように。

著者:はな

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。