妊娠・出産・育児の情報サイト


置かれた環境で幸せに過ごすために

初めまして、

只今妊娠9ヶ月半の妊婦です。

今回は私の妊娠期間を通じた《置かれた環境で幸せに過ごすために》をお話したいと思います。

結論で言うと置かれた環境は変わらないのだから、自分がいかに小さな幸せを見つけ感謝するか…

どう過ごすかをいかに考え、笑顔でいられるか。

自分に合った過ごし方をどう見つけるか…でした。

 

私は婚約中に妊娠が発覚し、急いだ状態で式を挙げ籍を入れ、急いで色々な手続きを行いました。

その後、主人は出張で2ヶ月半家を外し、二人の新居への引越し作業は私が体力のあるうちにと妊娠初期中に一人行いました。

主人のいない寂しさと不安、お腹に命を宿ったといった現実に実感もないままで心がついて行けなかったのが本心です。

 

心が病むと食事も出来ず貧血で立ち上がれない日もあり、お風呂での脳貧血で倒れこむ程で、ほとんど実家で過ごしていましたが、昼間は仕事で誰もいなく一人考え込み泣いて、夜は母も帰ってくるので一緒に食事をして少しでも楽しく過ごさせてもらい、倒れ込んだ時は助けてもらってばかりで存在の大きさに気づく日々でした。

 

それから主人の出張中に二度ほど休みの日に飛行機で遥々会いに行くと嬉しくて不安も吹っ飛び沢山笑えたし、ご飯も食べられて元気に!

 

主人が帰ってからは安定期にも入り新しい生活も始まりました。

体調も少し良くなり、一人の頃のように涙することもなくなりましたが、主人のちょっとした言動などで怒ってしまったり泣いてしまうこともたまにあり、喧嘩も増えてしまいました。

 

一緒に過ごせる事は、とても幸せなはずなのに主人と喧嘩ばかりで自分が情けなくなりました。

 

妊娠前は私も県外へ仕事へ出たり、たくさんの方と関わりながら過ごしていたので、きっと自分自身が今の現状に満足出来ず抜けきれず不満ばかりだったのだと思います。全て自分次第です。

 

そんな時に交通事故に遭い、母子ともに身体は無事でしたが精神不安定から涙も増えました。

家事を今まで通りこなす中でお腹の張りも徐々に増えてきて薬は必需品。。。

 

しかし今回不幸中の幸いの事故をきっかけに整骨院で施術してもらい、他の患者さんや知り合いに会う機会も増えて逆に心が楽になっていきました!

そこで出産までの残り少ない時間をどう過ごすかを考えました。

至って答えはシンプルで散歩に出たりお友達とランチやカフェをして笑う事。人とお話をすることでした。

新しく家族として迎える子供の出産準備も終わらせたら、次は少し大きくなって外出できた時の事を考え、知り合いのベビー服のお店へ行き想像しながらお洋服を見て回る。

私は側にある簡単な楽しみ方を知らなかっただけでした。

外に出れば皆がいて、初対面のママさん達にカフェで会うと勇気を出して積極的に話をする事で仲良くしてくれ沢山のお話を聞ける事で全てが勉強になる上に未来が少しずつ輝いて見えるようになってきました。

後期に入ると両親学級や最後の母親学級もあり、その後は助産師さんが開いてくれたストレッチなどの講習にも進んで手を挙げ参加させていただきました。

両親学級へ主人と参加する事で主人からの心身の理解も増え休みの日にはお手伝いしてくれたり身体の負担も減り少しずつお腹の張りも落ち着いて薬の常用も減ったんです。

以前より体調も良くなりました。

助産師さんからは呼吸法やストレッチなどを学び、不安などを助産師さんや出産の近いママさん達とお話をして最近は心も身体も良い状態へどんどん進んでいきました!

今では楽しく主人と子供の名前を考えたり、一緒にホットケーキを作って食べたり、デートへ出かけたり、夜には絵本を読み聞かせて胎動を2人で感じて驚いたり喜んだり、、、

主人は仕事で家を今だによく外していますし喧嘩もたまにするけど前みたいに大きな喧嘩もなくなって楽しく幸せに過ごせるようになりました!

 

妊娠前のようにとは 同じ過ごし方や動きはできませんが、妊娠前から過ごしていた過ごし方と近い環境を作る事は可能だと言うことに私は気付きました。

自分の性格を理解し、長所を活かして新しく沢山の縁を繋いでいく事の楽しさにも気づけました!

もう少し早く気付きたかったのですが自分に余裕が無さすぎたのですね。。。

しかし妊娠していなかったらきっと新しいお友達もできなかったし、今回こうやって環境から学ぶ事もありませんでした。

 

なので今置かれた環境で自分がいかに小さな幸せを見つけ感謝するか、、

どのように過ごすかをいかに考え、笑顔でいられるか。

自分に合った過ごし方を少しでも見つけることが日々の成長に繋がり、そして自身の幸せに繋がっていくかを学びました。

 

少しでも多くの皆さんに私の体験記が役に立てばと思います。

私も残り1カ月半ない妊娠期間を楽しく少しずつゆっくり過ごしていきます!

ありがとうございました。

 

著者:ma-rin

昔から人と話すことや接することが大好きで

アクティブに動く性格です。

1人の時間も好きなので1人旅や1人でお散歩をして色々なものを発見し感受性を高めることも大切にしています。

そんな性格から妊娠することで心や身体がついて行かず苦しむ事もありましたが、幸せはすぐ側にある事にやっと気づけました。

全ては自分次第でした!

 

どうか皆様もいつまでも幸せに過ごせますように。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。