妊娠・出産・育児の情報サイト


こんなに食にワガママになるとは!!!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私は、妊娠初期の悪阻の時期家ではきゅうりや長芋、キャベツばかり食べていました。

けど、その日によって、食べたいものが違いました。

食べたいとおもったものが無いと、仕事帰りの疲れている旦那に買ってきてもらったりしました。

 

こういう野菜のさっぱり系が食べたい日以外に、いきなりこってりのラーメンや唐揚げを食べたい日がありました。食べた後は、胃もたれ吐き気が半端なく後悔…でも、食べないと気が済まないし気持ち悪いし…大変でした。

また、外食しか受け付けない日がありました。

でも、驚き!!!外食でこってりしたものを食べても、胃もたれ吐き気が全く無いのです。

けども、外食を食べたい日と食べたく無い日、分かれました。本当に、食にワガママな日々が続きました。

 

夜中にコンビニのおにぎりがどうしても食べたくなり、旦那を起こして買ってきてもらったり…。

または、コンビニの和風パスタが食べたくなり何件も探してもらったり…。

本当に旦那には感謝です!!!

 

外食やコンビニばかり食べたい日があり、罪悪感ばかり感じていました。

コンビニの○○が食べたいけど…また、コンビニ…って思い、一瞬は我慢!

でも、欲に負けて食べたりしてました。

 

前の日は、コンビニのおにぎりだったのが、次の日は蒟蒻ゼリーしか受け付けない。など、本当に大変でした。

悪阻が落ち着いた頃には、絶対それじゃ無いとダメと言う欲はなくなり、自分でご飯も作るようになり、栄養バランスを考えるようになりました。

 

悪阻は辛いですが、いつか終わりはきます!

私のこのワガママの話は今でもたまに旦那との会話で話題になり、笑い話です。

ですので、旦那さんにとことん甘えちゃってください!

 

今では、妊娠後期になり、胃が圧迫されて、また、少し辛い日々ですが元気な赤ちゃんを産んで幸せをたくさんもらい与えたいです。

著者:ちびたまま

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。