妊娠・出産・育児の情報サイト


ビッグベビーの次男に限界まで吸い尽くされてげっそり…。身を削って育てた授乳の思い出 by tomekko

こんにちは。Tomekkoです。

前回に引き続き、授乳期と卒乳のお話、次男編です。

長男から4年空き、母34歳。 やはり加齢によるものなのか、長男の時ほどはおっぱいも張らず、噴出するようなことはありませんでした。
マスクメロンにはほど遠く、ピーク時でも大きめのりんごくらいですかね。

f:id:akasuguedi:20170314104326j:plain

次男は3625gで生まれたビッグベビー。吸てつ力も高く、その力はDソン並みの衰えなさ! なので、吸ってもすぐにはドバーッと出ない(差し乳タイプのワタシ)ことにいら立ち大暴れ。こっちも早く出ろ~!と焦るし、出すぎも辛いが出にくいのもやっぱりストレスだと分かりました。

そして二人目は産後痩せにくい、と聞いていたのですが、そんな次男の吸引力により体の栄養分がすべて持っていかれた感じで、1人目以上にガリガリに痩せた私。腰骨も浮いちゃって抱っこ紐が当たると痛いし、もはや理想のプロポーションを超えてかわいそうな見た目に(涙)

f:id:akasuguedi:20170314104336j:plain

とはいえ食の好みは長男とは比べ物にならないほどの不摂生。
長男とは真逆に、今回は洋菓子命!チョコ・クリーム・クッキーを切らすと発狂しそうなくらい欲してしまい、お菓子代がバカにならない状態が続きました。
家族の食事には、白砂糖や添加物を使わないように、とか粉もの料理を多くしないように、とか健康に気を付けているのに、気づけば自分はものすごい白砂糖とバターと小麦粉まみれになっていましたね。。。乳腺炎にならないタイプだったのが幸いでした。

間食含めると1日5~6食高カロリーなものを食べ、カフェインも出されればあまり気にせず飲んで、なんてテキトーな二人目…ごめんよ次男。

f:id:akasuguedi:20170314104346j:plain

そしてやっぱり先細りな私の母乳…長男の時と同様に出なくなってきました。
次男は食欲も旺盛で離乳食の進みも良かった上に、一人っ子の時と違って上の子の予定に付き合わせることが多いので、お昼寝のリズムもまちまちで添い乳する機会も減ってしまった次男。いつの間にか、あれば欲しいけど、無いなら無いで寝られる子になっていました。(ありがたい話なんですが…)

今回こそは1歳まで…!と思っていたけど、早々にダメそうな気配。そして10ヶ月となり、歯が上下8本‼

もうダメです。長男の時のトラウマ爆発です。授乳が怖くて仕方ない。

f:id:akasuguedi:20170314104356j:plain

はい、そして特にトラブルも大暴れも無く、スムーズにフェードアウト… (返す返すも、ありがたい話なんですがね…)

なんとなく子どもたちの執着の無さに、彼らの成長から取り残された気分の寂しい母です。

卒乳断乳話でよく聞くあるあるを調べたり友達から聞くたびに、いつか来るその日に怯えたりしたものですが…

ワタシには断乳レジェンドは兄弟共にありませんでした。

おっぱい関係で苦しんだママたちからしたらそんなの無くていいよ!って感じかと思うのですが、これはこれでなんだか複雑な母心なのでした。f:id:akasuguedi:20170314104410j:plain

さてそして問題は卒乳後‼

長男の時の二の轍は踏まない‼と決意した母、35歳。(厄年!)

ここでリバウンドしたらもう戻れない気がします。
既に卒乳から数日で、着実に日一日と体重が増えてるんですよ。こわっ‼
授乳だってもう1日1回くらいしかしてなかったのに…母乳ってすごいんですね。改めて。 しかし、肉やら乳やらが垂れるのはもう仕方ないとして、せっかく減った体重はキープで行きたい!

そのための3か条。

・トコちゃんベルト必須…長男の時は夏に暑くてやめてしまった骨盤ベルトですが、これしてるだけでだいぶ効果あったと思うので、卒乳後も引き続き締めておこう。

・毎日体重計でチェック!…意識することが大事。

・晩酌とお菓子はほどほどに‼…卒乳後の晩酌とポテチが美味しくて美味しくて。でも今回もやめるとは言わないあたり、決意のゆるさを感じますね。。。

次回エピソード>>生真面目女の初めて育児。「無駄にバイリンガルな子を目指す」の巻 by tomekko

f:id:akasuguedi:20161102165056j:plain

著者:tomekko
年齢:35歳
子どもの年齢:長男4歳、次男8ヶ月

4歳差の兄弟に日々育てられています。次男誕生を機に、インスタグラムでこそだて絵日記を始めました。ビッグベビーの次男に体力を奪われ、マイペースな長男に精神力を奪われながらも、絵を描く時間が最高の癒し。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。