妊娠・出産・育児の情報サイト


トイレで踏ん張り、3時間で出産!!

f:id:akasuguedi:20170327233130j:plain

f:id:akasuguedi:20170327152500p:plain

予定日を2日過ぎたその日、朝におしるしがありました。

その後生理痛のような痛みがあり、夜になるとその痛みに波が出てきました。

寝る前に親にそのことを話し、念のため産婦人科に車でむかいました。

到着すると痛みは増し、座っても、寝ても立ってもいられなくなりました。

内診の結果、子宮口はまだ開いていないとのことで、個室に待機することになりました。

一番楽な姿勢を探して、病室をうろうろしていると、トイレに座っている姿勢が一番楽な事に気づきました。

陣痛は体内の杭が外に出ようと降りてくるような痛みでした。その痛みを逃すためにトイレでいきんでしまっていたのです。

様子を見に来た助産師さんが私をトイレから引きずり出して注意しましたが、時すでに遅し。子宮口が開いているとのことで出産準備が始まりました。

初産で痛い怖いと騒いでいる私にトイレでいきむからですよ、あなたお母さんになるんですよ、と叱る助産師さん。しかし、出産が始まったら後に戻ることはできません。マタニティヨガをやって呼吸法を学んでいた私はす、す、はーとテンポよく呼吸をし、お腹を丸めるように力を籠めます。

順調なお産で助産師さんもその調子よ!と声掛けします。

最後は会陰切開となりましたが、無事うぶ声を聴いたときはほっとしました。

著者:あいあい

無事出産を終え、毎日育児に奮闘中です!!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。