妊娠・出産・育児の情報サイト


旦那との関わり方

f:id:akasuguedi:20170329052159j:plain

f:id:akasuguedi:20170327152500p:plain

元々、子宮内膜症を患っていて、旦那と知り合う数年前に開腹手術を受けました。

結婚までの約3年間、ディナゲストで月経を止めていました。

入籍と同時に断薬しました。

タイミング3周期。再発しました。

すぐにステップアップと言われて、不妊専門クリニックへ転院。

 

この頃の旦那はまだ他人事でした。

いろんな種類のホルモン剤を使い副作用が強く出ていてしんどくても、ご飯なに?タオルないけど?と家事を全く手伝ってはくれませんでした。

その後、腹水がたまり緊急入院しました。

そのときにまず言われたのが、「どんだけ金使うんか」と。

大丈夫?などの心配や労いの言葉はいっさいありませんでした。

 

退院して、帰った日には、「洗濯いっぱいよ、おれのパンツももうないし」と。

自分で洗濯は一度もしておらず、部屋は散らかり放題。

安静を条件に退院だったのに、帰宅後すぐ掃除洗濯。旦那はソファーに寝転がりスマホ。

子供は私がほしいなら治療続ければいいし、おれはお前にまかせるよ、と他人任せ。

 

実母も理解に乏しいみたいで

本当に一人でした。

家出もしました。

不妊治療をしていることを言うと、周囲は腫れ物を触るかのよう。

聞いてくるから答えただけなのに。

義両親は論外。

世間体ばかりでひどかった。

 

何度も何度も、旦那には説明した。

主治医にもお願いして話してもらったり。

仕事が忙しいとかで一緒に受診は難しかった。

それでも毎回何度も伝えた。

同じことの繰り返しでも伝え続けた。

 

体外受精を3度受け、3度目にやっと私の身体の深刻度が理解できたようで、その日を境に見よう見まねで家事を手伝ってくれだした。

沢山泣いて怒って苦しかったけど、伝え続けるって本当に大切。

でも本当に辛かった。

著者:ピロチャン

体外受精3度

採卵一回

持病のせいで、2回目の採卵は進められないと言われて、不妊治療終了

その後奇跡的に自然妊娠できました。

今、妊娠4ヶ月です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。