妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠中期に茶色いおりもの、不安になったら早めに受診を

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠中期、茶色いおりものが発生。

お腹の痛み等はなかったので、1日様子を見ることに。

しかし、翌日もおりものは続いていたため、不安になり産婦人科へ電話をし、状況を説明。

時間外でも診察するので来院するようにと指示があったので、産婦人科へ。

 

おりものは昨日からあること、お腹の張りはあるが痛みはないこと、胎動は感じていることを説明。

診察では、子どもには異常がないことを確認できたが、お腹が張らないようにリトドリンを処方されました。

 

その翌々日には、茶色いおりものも止まり、出血もなく順調に8ヶ月を過ぎるところです。

妊娠中期の出血は危険であることもあるので、早めに診察してもらってよかったです。不安があればすぐに相談することが必要だと思いました。

著者:さおり

出産予定日6週間前まで仕事しながらの妊婦生活です。胎盤が小さいのか、子どもも小さめの成長で推移しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。