妊娠・出産・育児の情報サイト


排卵障害でした

f:id:akasuguedi:20170331150857j:plain

f:id:akasuguedi:20170330212823p:plain

妊活を初めて5ヵ月程でなかなか出来ない事と、基礎体温が安定しない事に悩んで、知人の紹介で地元の産婦人科へ。

結果は多嚢胞性卵で、排卵が上手く行えていない状態でした。

まだ20代前半ですしタイミングさえ合えばできると思ってたばかりに、とてもショックでした…。

 

そこから排卵誘発剤を飲み数ヶ月試みましたが、その間は毎月今回こそはと思ってはまた生理の繰り返しで、ストレスで胃がキリキリしていました。

ある日旦那の「できないねー」という一言で溜まっていたストレスが爆発しました。

毎月産婦人科に行って、周りは妊婦検診。私はそこにすらたどり着けていない、それを改めて言われればストレスになる、プレッシャーになる…など、思っていたことを吐き出しました。

 

旦那はそこまで思っていたとは考えていなかった様で驚いていました。

しかしそもそも子供を欲しいと言い出したのは旦那である事、副作用などを考えていなかった事を改めて考え直したようで、そこから気を使って?くれるようになりました

おかげでストレスも軽くなり、その次の月には妊娠する事ができました。

著者:ぺろざらし

20代前半のパート主婦です

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。