妊娠・出産・育児の情報サイト


産婦人科探しの優先順位

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

産院探しの方法

1、口コミ…職場の同僚、姉、友人

2、自宅近くの産院を検索

 

迷った選択肢

1、大手の産婦人科(私自身は経験していないので、産院を決める際に耳にした噂が中心です)

メリット…綺麗、設備の充実(着替えすら持たずに、身一つで入院すれば良い)、多くの人が生んでいるという安心感、メディアへの露出の多さ、併設している店やレストランの充実、食事が豪華で美味しいという噂、退院時のお土産の多さ(授乳クッションなどがもらえる)、NICUなどがあり、突発的な事態にも対応してもらえそう

デメリット…待ち時間がとにかく長い(検診だけで半日潰れる)、大規模ゆえに入院時など対応が画一化、自宅から遠い、県の中心部にあり、渋滞が多い。駐車場があまりない、

 

2、個人の産婦人科

メリット…家から近い、看護師さんたちが一丸となって世話してくれる

デメリット…緊急事態の際は、大きな病院に救急車で搬送

 

結局、選んだ産院は自宅近くの個人病院でした。

決め手は、自宅から近いことと、親身になってくれることの2点です。自宅から近いメリットは、産気づいたらすぐに駆けこめるというだけでなく、家族が見舞いに来やすいというのが大きいです。

私は現在、切迫早産気味で入院しているので、自宅から近いことで家族の負担が大きく違います。

また、看護師さんたちは皆、結構口が厳しいですが、皆さんの顔も覚えやすく、こちらの細かい体調や生活習慣も把握してくれていて、いつも気にかけてくれていて、温かい雰囲気で心強いです。

また、電話は二十四時間対応だし、休診日や夜間もみてくれたり、臨機応変にとても手厚いケアをしてくれます。

 

第二子の出産にあたって考えることとしては、大手の施設の整った産婦人科は、何もなく無事に出産できる人にはそれもアリと思いました。

体調に異変を感じて受診しても待ち時間が非常に長いこともあるようです。

個人病院は、診療時間内外に関わらず、その時の様子に臨機応変に対応してもらえることも多かったです。

 

また、上の子を連れて行くと、面倒を見てもらったり声をかけてもらったりとても助かりました。やはり、家から近いというのは、重要要素かなと思います。

切迫早産気味での入院にしても、お産の入院にしても、結構家族には負担をかけるので、家族が来やすいところというのは重要要素でした。特に上の子がいる場合には。

著者:駿ちゃんママ

30才をとうに過ぎてからの結婚、出産。現在は切迫早産気味で入院中。もうすぐニ人目出産予定。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。