妊娠・出産・育児の情報サイト


年齢は嘘をつかない!・・・残念ながら

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

マルコウ出産と言う言葉すら知らない人も多いであろう現在。

確かに、40歳前後で出産するキャリアの積み方も普通に受け入れられ、またそれができる医療体制も整っている現代社会です。

出産を望む女性には大きくチャンスが広がった気がします。

 

確かに、確かにそうなんです。いいことなんです。多分、、、

でも、人間、体はそうすぐには変化できないものなんです。所詮、何万年も前から生きる営みを続けている生き物なんですから。

私は34歳で結婚、1人目が36歳、2人目が38歳。

一年ごとに、カクジツに、妊娠がキツイです。そして恐らく出産も。

 

二十代や三十代半ばまでの人に比べたら、妊娠中は子宮頸管長が短くなったり、子宮が問題起こしたりする確率も高く、体も疲れやすい。

配置転換なども可能とはいえ、無理な部署も多く、仕事は大きなものを任せられがち。

ましてや上の子の面倒も見るとなると…とにかく、体がキツイのです。

 

私の場合は29週で遂にダウンで入院してしまいました。

生まれたら生まれたで、その後の授乳などでもヘロヘロ。

子育て支援センターなどに行っても、やはり年齢の壁を感じてしまってママ達の中に中々入れなかったり…。

結婚の晩婚化、高齢出産化で、やはり女性は色々な場面で予想もしなかった影響を受けるのだなと感じているこの頃です。

 

でも、赤ちゃんや、子供達には母親の年齢などには関係なくて、授かった命は宝物。高齢ママはヘロヘロになりながらもこの時を大切に、過ごしていきますよ!

著者:駿ちゃんママ

30才をとうに過ぎてからの結婚、出産。現在は切迫早産気味で入院中。もうすぐニ人目出産予定。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。