妊娠・出産・育児の情報サイト


産まれる前から親孝行な娘の立ち会い出産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

生産期に入ってしばらくした金曜日の夜、いつものように仕事から帰った旦那さんと一緒に夕飯を食べ終えた頃、急に耐え難いほどのお腹の痛みが。

これはいつもと違う!そう感じて、時間を測りました。

そしたら、既に10分間隔!

 

これは紛れもなく陣痛が来た!と旦那さんを急かすも、まだ出血とか破水とかないんだから大丈夫だよーなんてのんびりしている旦那さんに喝を入れて、病院へ急ぎました。

金曜の夜だったので、旦那さんもそのまま付きっきりで立ち会い出産に臨んでくれました。

週末まで待ってくれたのかな?なんて考えたら、なんて親孝行な娘!と感動してしまいました。

 

病院に着く頃には既に6分を切っていて、即入院、すぐ分娩準備室に入りました。

耐え難いほどの痛みが2、3分おきに襲ってきて、痛いー痛いーとずっと呻いていました。

助産師さんに、これから半日くらい掛かるんだから頑張ってねーと言われ、これが半日も続くなんて無理!と泣けてきました。

次第に訳も分からず、時間感覚がなくなり、とにかく痛みに耐えて数時間、ついに分娩室に移動しました。

その間、あまりの痛さに力むのを我慢出来ず、力んではいけないのに何度も力んでしまいました。

子宮口が開いてないのに赤ちゃんを押し出そうとした事になるので、とても苦しい事をさせてしまったよね、本当にゴメンね…。

 

分娩室に移動してから5時間半、ついにその時が!顔をぐしゃぐしゃにして、繰り返し力むうちに、突然医者が麻酔を刺したかと思ったら、会陰切開され、その直後に頭が出てきた感覚が有りました。

続いて、肩が出てきて、その後はあっという間に全身が出てきて、間もなく元気な産声が聞こえました。

産まれたー!!その時はもう、痛さと嬉しさで、声を出してうぇーんと泣いてしまいました。

 

隣で、ずっと手を握って頑張れ!って応援してれた旦那さんと一緒に、産まれたばかりの赤ちゃんと抱き合いました。

小さくて、折れそうで、まだ目も開いていない赤ちゃん。その小さな体で、一生懸命声を振り絞って泣いていました。

その後、縫合の痛みと貧血で動けず、次に赤ちゃんに会えたのは半日後でしたが、まだちょっとしか出ないおっぱいに必至に吸い付く姿を見て、とても愛おしく感じました。

 

私も親になって初心者。赤ちゃんも世の中に出てきた初心者。

初心者同士、悩んだり怒ったり泣いたりしながら、笑って手を繋いで抱き合って、これから一緒に家族になっていこうね。

 

今はまだ、産まれて2ヶ月。でも、思い返せばもう2ヶ月。これからも毎日を大切に過ごしながら、1日1日成長していく姿を、しっかりと目に焼き付けていきたいと思います。

 

これからどんな風に大きくなっていくのかな。

今からとても楽しみです。

 

まだこんな事言うのは早いかも知れないけど、産まれてきてくれて、ありがとう。

この冬、かけがえの無い大切な宝物が、出来ました。

著者:ゆきひめ

千葉県在住、高齢出産の初産です。

若くないので、体力が要る子育ては正直大変!ですが、毎日全力投球で向き合ってます。

赤ちゃんは、本当にカワイイ!!コロコロ変わる表情もたまりません(笑)

人生遅くなりましたが、この度出産して、良かったです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。