妊娠・出産・育児の情報サイト


おっぱい痛い!!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

何だこれ、おっぱいがもの凄く痛い!

 

それは息子のお宮参りが終わった翌日、日用品の買い物帰りに突然襲ってきました。

噂に聞いていたけど、もしかして乳腺炎!?

母乳の出があまり良くなかった私は、乳腺炎なんて無縁だと思ってました。

初めての出産で、無知な私は何も知らずに何でも食べ、おっぱいも授乳間隔が空いても気にせずにいました。

 

そういえば、先日のお宮参りの後はカキフライにステーキにと、ご馳走を食べ、お宮参りで授乳間隔も空き、義実家に気疲れしたなぁ…。

あまりの痛みに、耐えられなくなり、ネットで乳腺炎と検索すると搾乳すれば良いという記事を見つけ、自分で搾乳してみることに。

 

でも、時は既に遅し。

 

私のおっぱいはカチコチに固まり、変形し、自分で搾乳しても一滴も出なくなっていました。

 

そこまでになり、やっと事の重大さに気付き、慌てて病院に電話をしましたが、日曜日の夕方にの為、どこも取り扱ってもらえず、時間だけが過ぎていき、気が付くと痛かったおっぱいが赤く腫れあがり発熱を始めました。

その数分後には自身の身体からも発熱が始まり、真夏なのに悪寒で身体が震え子供を抱きしめてひたすら痛みと寒気に耐えていると、私の異常に夫が緊急医に連れて行ってくれました。

 

看護師さんのマッサージを受け、薬を貰い、数日胸の痛みがあったものの、無事解熱して普通の生活に戻れましたが、その後も3回程乳腺炎からの発熱を繰り返し、自分なりに何が原因か探してみました。

 

・食生活(乳製品、バター、脂肪、脂肪の多い肉)

・疲れ(気疲れ、寝不足)

・血行不良(冷え、肩こり)

・水分不足

・授乳間隔

・授乳姿勢

 

以上が、私の乳腺炎になる時にしていた事でしたが、特に水分を取り忘れた後は必ずシコリが出来るので、私は水分不足が大きく影響しました。

母乳は血液からできているので、なるほど、血液がドロドロになると詰まりやすくなるみたいです。

 

子供が6ヶ月になった今でも相変わらずおっぱいは不調ですが、今となってはシコリができると自分で搾乳して、ある程度シコリを取れるようになりました。

今後卒乳に向けて、またおっぱいトラブルが増えそうで怖いですが、このおっぱいと上手く付き合っていきたいです。

著者:たなな

生後6ヶ月のやんちゃ息子と、大人しい旦那と、ほほんと暮らしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。