妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛促進からの帝王切開

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

予定日を1週間過ぎても産まれる気配が無く、まずは陣痛促進剤を使ってみよう、という事になりました。

入院1日目は朝から点滴にて、少しずつ促進剤を入れていきます。

中々効かなかったものの、夕方頃にはかなりの痛みが…。

 

しかし本陣痛に繋がる気配が無く、一旦普通の点滴に切り替え、次の日の朝に帝王切開かもう一度促進剤を使うか決める事に。

しかし、その後の内診で破水してしまい、夜中に陣痛が進み出しました。

それでも本陣痛に繋がらず、朝を迎え『どうする?』と先生に聞かれましたが、一晩陣痛に耐えた事で、かなり体力を消耗していた為、悩んだ末、帝王切開をお願いしました。

結局、陣痛にも傷の痛みにも耐えるハメになり、こんな事なら初めから帝王切開にすれば良かった…と思いました(笑)

帝王切開に決めた後は、手術の準備がすぐ始まり、1時間程で終了しました。

 

手術中は胸から下の麻酔の為、眠気はありますが意識はあります。子宮筋腫があったので、『大きい?何個ある??』なんて会話が出来るくらいの余裕がありました。赤ちゃんの泣き声もしっかり聞く事が出来ました。

しかし、大変だったのはその後。半日は足の麻酔がきれず動かせず、高熱と寒気、高血圧に苦しみました。血圧が落ち着くと、次は後腹の痛み(後陣痛)が襲ってきます。

私は帝王切開の傷の痛みより、後腹の方が耐えられませんでした。痛み止めも効かなかった為、ただただ耐えるしかありませんでした。

 

今は帝王切開から3週間程経ち、悪露はありますが痛みは落ち着きました。たまに傷がチクチクするかな?くらいです。

もし帝王切開の可能性がでた場合は、術後の痛みは大変ですが、陣痛と両方の痛みを経験するより、予定帝王切開にする事をオススメします。

どちらにせよ、元気に赤ちゃんが産まれてくれたら喜びは同じですから♪

著者:ミコライオ

育児に奮闘中!!

寝不足だけど楽しい毎日です♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。