妊娠・出産・育児の情報サイト


長時間陣痛から帝王切開までの想像以上の出産

出産について友達や職場の人からいろんな体験談をきき、想像した上で陣痛開始日を迎えました。

 

皆の話では、24時間かかったけど産まれてきたら痛さを忘れた、痛いのはいつか終わる、帝王切開後はお腹が痛くてその後も傷口が痛む、旦那に立ち会ってもらって心強かった、逆に旦那は役に立たず立ち会ってもらわない方がよかった…等、それぞれ心の準備をする上でとても参考になりました。

 

皆の話を聞く前は、痛みとたたかっているところをあまりみられたくないと思っていましたが、最終的には、自分は旦那に立ち会ってもらい、出産の喜びを一緒に感じ、産後に積極的にお手伝いしてもらえるように、と考えました。

 

私は予定日前々日におしるしがあり、予定日の夜にいつもよりお腹が張ってきて、タイムカウントすると10分間隔!病院に向かいました。

 

だんだんお腹が痛くなってきて陣痛は5分間隔に。

だけど子宮口は開かず、そうこうしているうちに間隔があいてきては短くなり、痛みに耐えること丸1日。。。

 

その後12時間5分間隔の強い痛みとたたかうものの、子宮口3cm。

そんなあたしの横で、付き添いしてくれていた旦那は夜間グーグー寝てて、立ち会い出産なんてしなくてもいい、と心から思ってしまいました。

なかなか子宮口が開かないので促進剤を使うことになり、2時間で全開に!!

 

促進剤を使ってからは痛みがあまりにも強く、旦那の手を握りながらなんとか頑張りました。

痛みに耐えている姿をみられるのも気にならず、隣にいてくれるだけでとても心強かったです。

 

骨盤が狭かったせいかいきみはじめて6時間、頭ちょこっと見えるくらいしか出てこれず、長く壮絶な陣痛の末、ドクターから帝王切開を提案されました。

痛みに耐えきれずすぐに了承し、はやく麻酔してくれ~と祈願。

 

陣痛の長さと痛さを経験したため、帝王切開なんて怖くありませんでした。術後の痛みもあまり気にならず、手術翌日、お腹を切った人には見えない、と何人もの看護婦さんに言われました。

 

帝王切開する際、次の出産は自然分娩に挑戦できるように、とドクターがお腹の切り方を工夫?してくれました。

だけども先生、あたし次ははじめから帝王切開希望します!!!

著者:まちゃ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。