妊娠・出産・育児の情報サイト


次は普通分娩でお産したい!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

出産予定日の二日前に無痛分娩で出産しました。

妊娠が分かり、産婦人科やお産の種類を調べていている中で、無痛分娩に興味を持ち、自宅から近くて無痛分娩をしているクリニックでお産することに決めました。

 

朝方(3時頃)、就寝中に腹痛で目が覚め、便通かと思いトイレへ…。

しかし便がでることはなく、痛みもなくなったので、またベッドへ…。

するとまた腹痛があり、先程同様トイレに入ったものの便は出ず。

これを数回繰り返しているうちに、前駆陣痛かと思い、リビングで様子をみることにしました。

助産師さんの話で、前駆陣痛がきてすぐ本陣痛がくるとも限らないということだったので、お産のおの字もなかったのですが、お腹の痛みは強くなっていく感じがしたので、念のため間隔を測ることにしました。

陣痛なら、間隔が縮まるにつれて痛みが強くなるという認識のもと測り始め、間隔は縮まったり、空いたり…。痛みも強くなったり弱くなったりでした。

そんなこんなで気付けば5時頃になってました。

 

間隔はバラバラなものの、痛みは徐々に強くなってきて、歩くのもしんどい感じになってきたので、不安になり、主人を起こそうかと思ったのですが、ぐっすり寝ている主人を起こすのは気が引け、まずはクリニックに電話して状況を伝えて指示を仰ごうと思いました。

状況を話したところ、子宮口の開きを見てみるので一度来てもらえるか、とのことだったので、主人を起こし状況を伝え、クリニックへ向かいました。

もうこの頃には腹痛に耐えつつ屈みながらやっと歩けるといった状態でした。

クリニックまでは車で5分ほどで到着し、助産師さんに子宮口見てもらうと、なんと7~8cm開いているとのこと。

この時の時間は7時前頃。

助産師さんからは、午前中に産まれちゃうかも!と言われ、心の準備ができていなかったこともあり、とても不安な気持ちでいっはいになりました。

 

そのまま、着替えを済ませ、陣痛室へ。しばらく痛みに耐え、麻酔の準備が完了したのち注入。痛みは若干和らいだものの、便痛の何倍も痛かったです。

結局、麻酔で痛みが和らいだことで、陣痛の間隔がなかなか縮まらず、お昼過ぎた頃、助産師さんから、破水させてお産しましょう、とのことで、分娩室へ。破水後、いきみを何度も繰り返し、午後2時に無事出産。

無痛分娩のメリットは、痛みが和らぐ分、いきんでいる最中も余裕があったように思います。

デメリットは、痛みが和らぐ分、間隔が縮まりにくく、お産の時間が長くなってしまうのかなと思います。

著者:アイ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。