妊娠・出産・育児の情報サイト


夫婦二人でも幸せ…でも! 「体外受精でないと」と言われた私たちが妊活に踏み切った

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

当時結婚して4年。アプリを使ったり基礎体温計を使ったりしながら排卵日を予測してタイミングを計っていたものの、なかなか子供ができませんでした。

しかし、だからと言って焦っていたわけではなく、2人の生活にも満足していたため、出来づらいんだね、ぐらいで片付けていました。

 

ある日、同世代の友達と女子会をしていた時、ふと妊活の話になり、我が家の現状を話しました。

ちゃんとタイミングを計っていること、避妊はしていないこと、褒められたことではないですが、結婚前提で付き合っていたこともあり、結婚前から避妊はあまりしていなかったことなど。

それらを聞いた友達は一様に驚いた様子で、「え!?なんでその状況で4年もできないの!?」と言いました。

絶対なにか原因がある、なかったら安心できるんだから検査受けた方がいいよ、と。

 

それまで、不妊のふの字も頭になかった私は、すぐに旦那に相談をしました。

元から持病のある彼は、もしかしたら俺のせいかもしれない、と言い出し、じゃあ受けてみようか、と大学病院の婦人科を受診しました。

結果は、精子の奇形と運動量不足。自然妊娠はほぼ無理です、体外受精しか方法はありません、とハッキリ断言されました。

相当のショックを旦那は受けてしまい、このまま不妊治療に踏み切るか次回の受診で教えてくださいと言われましたが、その後、その病院へ行くことはありませんでした。

 

夫婦で悩みました。お金のこと、これからの家族プランのこと、不妊治療による精神と体への負担のこと。

俺のせいで申し訳ないと謝る旦那へ、気にしないでと励ましながらも心のどこかで責めてしまう自分が嫌で、子どもなんかどうでもいいと思うようになりました。

妊婦さんを羨んで妬んでみたり、小さい子が可愛いと思えなかったり。

何で?どうして?この人たちは普通に子どもがいるのに、私たちは辛い思いで治療に通っても、高い治療費を払っても、100%の妊娠を保証されない、そんなの不公平すぎる!ずっとモヤモヤしっ放しです。

 

それから1年は、互いに不妊治療のことは考えなくなりました。セックスレスになった時期もあります。だんだんと2人で楽しく暮らす老後を話すようにもなりました。

でも、どこか頭の片隅には引っかかっていました。治療を諦めた、というより、怖くてただ逃げたという思いがしこりのように引っかかっていました。

 

この1年、共働きである程度貯金も出来た。旦那の持病でいつまで働けるかわからないけど、その時は私がもっと働けばいい。

今の生活には満足しているし、きっとこのまま暮らしていけば幸せに違いないけど、でもやっぱり何か違う!

やっぱり子どもが欲しい、今踏み切らないと、絶対後悔する!!

 

そこから不妊治療、特に体外受精に力を入れている病院を探し、すぐに受診をしました。

ストレスは成功確率が下がるから、もし辞めたいなら仕事を辞めてもいいよ、と旦那が言ってくれたので専業主婦になり、脇目も振らず治療一本に専念しました。

その一点集中が功をそうしたのか、治療を始めて1年と半年、体外受精3回目で無事第一子を妊娠することができました。

この体験記を書いている今日は、出産予定日前日です。

 

不妊治療は、女性だけの問題と思われがちですが、全く違います。夫婦の問題です。

不妊の原因がどちらにあろうとそれは大した問題ではなく、その問題に夫婦二人三脚で取り組めるかが重要だと思います。

不妊治療はストレスや悩みとの戦いです。人生で、これ程までどうしようもない壁にぶち当たったことは今までありませんでしたが、完走できたのは旦那の理解と協力があったからこそでした。

 

女性は強い生き物です。でも、弱音も吐きたくなります。

そういう時にそばで支えて一緒に立ち向かってくれる男性こそが、本当のパートナーになるべき人なんじゃないかと心から思いました。

辛い体験でしたが、出産を控えた今では素敵な思い出です。

著者:はるまゆ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。