妊娠・出産・育児の情報サイト


パパのように毎日の任務が欲しい3歳児。幼稚園に通うのは僕の初仕事!

f:id:akasuguedi:20170405115240j:plain

息子は3歳8か月、二人目の子どもです。

よくしゃべる息子は言葉がたくさんでてきていて、意思の疏通がかなりできます。
そうなると親としても楽しいのですが、成長とともにこれまでと違う複雑な思いも増えてきます。すれ違ったりイライラされる、ということもたくさんあります。

上の子が小学生なので、息子は自分も幼稚園に早く行きたいと思っているようでした。
親としては「行きたくない」と言われるより、「行きたい」というのは嬉しいことです。

少し前に、

息子「パパは毎日どこにいくの?」
私「仕事だよ」
息子「毎日大変だね」
私「そうだねパパ偉いね」
息子「ぼくも毎日どこかいくの?」
私「大人になったらね」

という会話の後、息子がイライラしていることがありました。
どうやら『自分にも毎日の任務が欲しい』らしいのです。

そこで、

「パパは会社に行くのが仕事、
お姉ちゃんは学校行くのが仕事、
赤ちゃんは泣くのが仕事、
(息子)くんは、児童館や公園でお友達と仲良く遊ぶのが仕事だよ。
もうすぐ幼稚園に毎日いくっていう仕事に変わるけどね。」

と説明してみました。
すると、息子はとっても嬉しそうに「わーい楽しみぃー」と喜んでいたのです。

私も嬉しい気持ちになって、息子の入園準備が楽しくできました。
上履き入れや手提げ袋をミシンで作っていると、出来上がるたびに嬉しそうに眺めてくれます。

いよいよ4月になったころ、パパは土曜日の入園式を楽しみにしています。
そんなパパと息子の会話...

パパ「もうすぐ入園式だね。幼稚園一緒にいこうねー」
息子「パパは仕事だから行かないんだよ。」「いっちゃだめだよー」
と泣き出しそうです。
パパ「何で?一緒に行きたいけど、ダメなの?」
と悲しそうに困惑しています。
息子「ダメだよっ」
と悔しそうに涙を流してしまいました。

二人は何かがすれ違っています。

どうやら
「幼稚園は親と一緒に行くんじゃなくて 自分が一人で通う、俺の初仕事なのだ!!」
「なんでパパは仕事持ってるのに、僕の仕事についてくるんだ。」
そんな気持ちのようです。

私の言葉をよく覚えているものだと感心しました。
入園式だけは家族で行く「セレモニー」なんだというのは教えてなかった...ごめん!息子&パパよ。

「幼稚園に毎日通うのは『息子』くんでしょ、パパは会社に行くのが仕事だよ。
入園式は家族がいってもいい『イベント』だから、家族みんなでいくんだよ。」

そんな風に説明するとホッとした表情に変わり、「なんだーびっくりしたー」とふたりとも笑っていました。
幼稚園に通うことをそこまで楽しみにして、心から張り切っているんだと思うと息子のことを頼もしく感じました。そして同時に可愛らしくて、幸せなきもちでした。

f:id:akasuguope01:20160419182004j:plain

著者:あこ
年齢:40
子どもの年齢:3歳 7歳

大人しい娘とやんちゃな息子を子育て中です。性格は真逆、顔はそっくりのふたりの間で日々迷いながらも楽しく過ごせるように、明るい母でありたいです。私の経験話が少しでも役にたったらうれしいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。