ゼクシィBaby みんなの体験記


身の毛もよだつ! 妊娠性掻痒の虫が這いまわるような痒み。全身搔き壊して血まみれに

f:id:akasuguedi:20170406095617j:plain

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

妊娠3ヶ月に入った秋の頃。

両脚の脛が痒くなりましたが、乾燥しているからかな?と呑気に構え、特に対処せずに様子を見ていました。

しかし、妊娠週数が進むにつれて太股、お腹、背中、腕…と痒みの範囲は徐々に上に広がってきたため、皮膚科を受診。

妊娠性掻痒と診断されました。

 

医師によれば、この病気にかかる人は1~3%程度とごく稀なものだそうです。

原因としては、妊娠によるホルモンバランスの変化であるとか、母体が胎児を異物として認識した場合に現れるなど諸説あるものの、はっきりしたことは不明とのこと。

いずれにせよ、妊娠中であるためあまり強い薬を使うことはできないといわれ、はじめのうちは保湿剤の処方のみでした。      

 

しかし、妊娠5ヶ月になる頃には痒みも悪化し、皮膚には皮疹が出てきました。

痒みも我慢出来なくなり、無意識のうちにバリバリと掻きむしってしまうため、皮膚は瘡蓋だらけに。

再び皮膚科受診すると、「そこまで痒いなら…」と、医師はアンテベート軟膏(5段階中2番目に強いステロイド)を処方してくれました。

ステロイドを処方されてからは、1時間程度は痒みが落ち着くものの、身体が温まると再び痒みが悪化。

また、軟膏は全身に塗るため、2日で1本終わってしまう始末。毎週のように皮膚科に通いましたが、「産めば治るから」の言葉のみで、ひたすら軟膏処置をするより他ありませんでした。

 

妊娠8ヶ月に入る頃には、顔以外の全ての皮膚が痒くなり、お腹と背中には蕁麻疹も出現。全身を小さな虫が這いまわっているようなゾクゾクする痒さで、本当に気が狂いそうでした。

ステロイドは5段階中最も強いデルモベートが処方され、併せてポララミン(抗ヒスタミン剤)も処方されましたが、全く効果なし。

掻かないようにと、全身に軟膏処置され、ガーゼで覆われた後包帯を巻かれました。

自宅でも風呂上がりは同様の処置をするよう指導を受け、朝晩2回の入浴後に1時間かけて軟膏処置。鏡に映る自分の姿があまりに気の毒で、情けなくて泣けてきました。

 

インターネットで調べたヨモギローションも試してみましたが、ここまでひどくなってしまうと、もう気休めにもならず…。

下着、衣類、靴下、寝具は全て綿に変え、縫い目が当たらないように裏返しに着ましたが、痒みは治まらず。真冬の最中、震えながら全身アイスノンで冷やしていました。

それでも痒みは治まらず…。ポララミンを飲んでも痒くて眠れないし、やっと眠れたとしても、夜中は自分のバリバリと皮膚を掻きこわす音で目が覚めるし、朝起きると、掻きむしった後でシーツは血まみれ。

もう限界…と毎日泣きながら掻きむしっていたある日、陣痛が。

不思議なことに、陣痛のおかげか?痒みはあまり気になりませんでした。

 

陣痛が弱かったためなかなかお産が進みませんでしたが、3日後にようやく出産となりました。

そして、出産してからは、嘘のように痒みは消えたのです。(最も、産後は睡眠不足や疲労など、他のことに気を取られていたため、痒みどころではなかったのかもしれませんが…)

あの痒みは夢だったのか?と思いましたが、全身の引っ掻き傷の跡をみると、あれはやはり夢ではなかった様です。

 

この疾患は、かかる人自体が稀なので、辛さを共有したくてもなかなか出来ないのが苦しいです。また、使える薬も限られてしまうため、気休め程度にしかなりません。

痒みが落ち着いても、引っ掻き傷は恐らく数年は消えないでしょう。

私は痒すぎて、眠っているとき無意識のうちに何度も瘡蓋を引っ掻いてしまい、あちこちがシミやクレーターのようになってしまいました。

 

もしも妊娠中に痒みが出てきたら、軽く考えずに、一度妊娠性掻痒を疑うといいと思います。そして、早め早めの対処を。

掻き始めてしまうと、それが刺激になり、さらに痒みを引き起こしてしまうからです。

2人目も欲しいけど、またあの痒みが出て来たら…と思うと、恐怖でなかなか決心がつきません。

著者:ポコ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。