妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫早産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

ギリギリまで仕事をしたかったので、毎日残業もしながら働いていた時のこと。

27,28週くらいに入った時、体が疲れ易くなったのですが、妊娠後期は疲れ易くなるとネットで見たので、気にも止めず、そのまま仕事を続けていました。

お腹の張りもありましたが、休んでいれば元に戻っていたので、張りにも気を止めることはありませんでした。

 

29週目の検診で、切迫早産と診断され、自宅で安静するように言われ、仕事,家事何もできなくなったことがショックで自分を責めました。

1週間、自宅で安静にし、検診をうけましたが、処方薬を飲んで安静にしていたにも関わらず、症状が悪化しており、その日のうちに入院となりました。

幸い点滴が効き、子宮収縮も止まり、早産を食い止めることができています。

点滴が入りにくい人は点滴が苦になって仕方ありませんが、点滴を24時間しておかないと早産になるリスクが高くなるので、我慢が必要です。

 

切迫早産を予防するために、いつもとは違う体の疲れやお腹の張りがあった時は注意が必要です。

何もできない,何処にも行けなくなる前にしっかり休むように心掛けておけば良かったと後悔しています。

著者:有未

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。