妊娠・出産・育児の情報サイト


ベビーバスはもう卒業。初めての赤ちゃんとの入浴で湯あたりさせてしまった…

f:id:akasuguope01:20161020205015j:plain

●生後二ヶ月でようやく一緒にお風呂へ

息子が生後二ヶ月の頃、お風呂デビューした時のことです。一ヶ月健診後に「赤ちゃんと、お風呂に入っても大丈夫!」とお医者さんに言われたのですが、自分一人で入れられる自信もなく、そのままベビーバスで過ごしていました。

しかし、ベビーバスも狭くなってきたので、約2日間のイメトレ(一人お風呂場で息子を洗う仕草をする)を経て、ついにお風呂に入れることになりました。

 

●楽勝じゃん!と余裕のお風呂デビュー

先に自分の体を洗っていると、ドアの外でご機嫌にバスチェアに乗っている息子が見えます。そのままお風呂場に連れてきてもニコニコのまま。息子は以前からお風呂が大好きなので、見慣れないところに来てもへっちゃらのようです。

「その機嫌が続いてくれ…」と願いながら息子の髪、顔、体と順調に洗っていきます。そして、いざ浴槽へ。私と肌が密着しているのが嬉しいのか、キャッキャッとはしゃいでいます。

私も一緒に入れる幸せを感じ、お湯を少し頭にかけたりと、いつもよりも長く遊んであげました。そんな様子から、「な~んだ。意外と楽勝!もっと早く入れたら良かったな」と、余裕をかましていたのでした。

●お風呂あがりにぐったりする息子…必死に扇いで水分補給!

ところが、お風呂あがりに息子を着替えさせようかと思ったら、息子がぐったりとしているではありませんか!しかも腰から下が火照っています。呼びかけても虚な目をした息子を見て、「湯あたりしちゃった!」と思いました。

急いで風通しの良い部屋に連れて行き、近くにあったクリアファイルで扇ぎ続けます。その後、脱水症状を防ぐためにおっぱいを飲ませようとしますが、口にくわえたまま固まってしまっているのです。

なんとか、口をトントンとして飲ませようとすると、突然息子は我に返ったようにゴクゴク飲んでくれました。着替えさせる頃には、先ほどよりも目がしっかりして「あーうー」とおしゃべりするようになっていたので一安心。

 

●湯温計は慣れて使わず…猛反省

その後、入ったお風呂に湯温計を入れると40度もありました。ベビーバスの時の温度を手で測るのに慣れてしまい、今回も手で何となく判断していたのです。それに加え、初めて息子と入れるのが嬉しくて長風呂をしてしまったのが原因でしょう。

お風呂あがりに、ゴロゴロしている息子を「ごめんねー!」と抱きしめました。赤ちゃんはやっぱり大人と違うんだなと思いながら、これからは湯温計をちゃんと使おう、時間を見ながらお風呂に浸かろうと反省したのでした。

著者:bianao
年齢:20代後半
子どもの年齢:0歳2か月

今年5月に出産した、現在初めての育児に奮闘中のママライターです。出産・育児について体験談を交えつつ、面白可笑しく、そして詳しくお伝えしていきます!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。