妊娠・出産・育児の情報サイト


望んでた妊娠!!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

2016年1月に入籍、5月に式と披露宴、10月に新婚旅行を終えてすぐに風疹の注射をうち、翌月から妊活をはじめました。

もともとHはちょこちょこしていたのですが、タイミングが大切!と思い、もともと生理日管理のためのアプリに加えいくつかアプリをとって、排卵日予測の日は、積極的にいちゃいちゃして彼をその気にさせました。

色々周りから聞いていたのを参考に葉酸を取りはじめ、最初は大好きなお酒もカフェインも控えていました。

 

最初の1か月はほんとに長く感じて、すこしの身体の変化にも敏感になってしまい、わくわくそわそわしていました。

そのような状態だったので生理がきたときは、悲しくて悲しくて泣きました。

これを、これから毎月待って感じるのかと思うとぞっとして、、4回が過ぎました。

その間、1人で枕を濡らしたことま、なかなか寝れずネットで妊活を調べまくったことも、彼に当たり散らしたこともありました。

 

彼はとても私の気持ちを大切に考えてくれ、一緒に乗り越えようと支えてくれました。

そこから私自身、妊活の周期にだんだん慣れてきたのと、あまり焦らず考え過ぎないことも大切だと思ってきて、妊娠判明前も控えていたお酒や、カフェインも気にしないようにして、日々を普通に楽しめるようになってきました。

 

きちんと基礎体温もつけはじめたころ、生理が遅れました。いつも通り生理前のPMSもあるし、あれ?という感じでした。ただ生理周期はかなり正確だったのと、つけはじめたばかりの基礎体温が高温つづきでわくわくドキドキした気持ちをおさえつつ、仕事の休憩時間に薬局に駆け込み、妊娠検査薬を買いました。

トイレで使うときはドキドキで、ずっと目をつぶって覚悟してあけたら…今までフライングで我慢できず検査した時には見えなかった二本の線が!!

感動したのですが、すこし不安で翌日も試しました。やはり陽性だったので、ここで彼に喜びの報告をして、2人で喜びを噛み締めました。

まだまだこの手に抱くまでは不安もありますが、自分と赤ちゃんの身体を大切に日々を楽しく過ごしたいなと思っています!

著者:みさん

結婚1年目の30歳です。

会社では管理職で割とバリバリ働いています。

お酒が大好きで今の1番の悩みは、妊娠を伝えていない人たちの前でどうお酒を控えるか、、です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。