妊娠・出産・育児の情報サイト


2人目の出産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

第一子が38週で産まれたので、今回も早いと思っていましたが、予定日の二日前の出産となりました。

早い時期から前駆陣痛らしきものはあったので、正期産に入ってからは毎日『今日か、今日か?』と思っていました。

 

正期産に入ってからの内診でも、子宮口が2センチ開いており、「いい感じに降りてきてるし赤ちゃんやる気あるね」と言われていたのになかなか本陣痛は来ず…。

その一週間後の内診ではやる気ないに変わっていました。

 

第一子が週数相当ではあったものの、早く産まれたせいで小さく心配したので、長くお腹にいて欲しいと思っていた反面、身体が怠く早く出て来て欲しい気持ちもありどんどん焦る毎日でした。

 

全く本陣痛らしきものが来なく、超過を覚悟してから予定日二日前。早朝におしるしが。

トイレでガッツポーズしました。

やっと出産できる。やっと体が解放される。

 

それから夕方に一気に痛くなり、耐えに耐えて三分間隔で病院に電話。

病院に着くと子宮口5~6センチで入院。陣痛に耐えて陣痛開始から約四時間半で出産となりました。

 

第一子の時病院に着いたら子宮口が9センチ開いていたのに微弱陣痛になり、お産がなかなか進まなかったので、今回も長い陣痛を耐える覚悟をしていました。

しかし、あれよあれよと赤ちゃんが出る準備をされていくのを見てびっくり。

 

助産師さんにいきみたくなったらいきんでと言われましたが、いきみたい感覚はなく…その時は既に全開になってた様子。

全開なら早く言ってよと思いました。

裂けるのが怖いし、いきみたい感覚はないままだったけど、全開なら早く終わらせたいから裂けてもいいやと覚悟を決め、いきみ始めました。

一人目より痛みに弱気で全然いきめなかったけど、無事に出産することができました。

 

分娩時間が短かったからか、産後の回復はとても早くかなり体が楽でした。

産道が出来てるおかげで早かったのかな。一人目に感謝です。

著者:さー

二人姉妹の母です。

只今お姉ちゃんの赤ちゃん返りと悪魔の3歳児に入ったところで日々奮闘中。

妹は二人目の余裕からなのか可愛くて可愛くて仕方ない。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。