妊娠・出産・育児の情報サイト


初めてのお産

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初めてのお産とのことで様々な不安を抱えつつ10ヶ月を越えました。

 

予定日は3月17日。

 

出来るだけ小さめで産んだ方が出産がスムーズだと先生から教えられ、2,500gを超えてから内診で子宮を刺激したり、たくさんの運動を始めました。

 

比較的、動ける方だったので、2月27.28日で旅行に行くなど、動けることをたくさんしました。

 

そのせいもあったのか、予定日より8日早い3月9日の早朝、寝ている時に少しパンツが濡れるような出来事がありました。

その時は破水だと分からずに、そのまま着替えて再度寝てしまいました。

ですが、起きてお昼ご飯を食べ終わった後、ソファーでゆっくりしているとまた尿漏れかな?と思わせるような水が再び出て来ました。

こんなこと今まで無かったので、おかしいなと感じ始め実母に相談しました。

母も私を出産する時に破水だったため、すぐ病院に連絡するよう言われ連絡しました。

病院側も破水の可能性があるとのことで、入院の準備を持って病院に来てくださいと言われました。

 

また、下着が濡れてしまうと思い、大きめのナプキンを当てバスタオルを持ち病院に向かいました。

 

13時に病院に着き、破水の検査をすると、リトマス紙の様な検査で破水だとわかり、そのまま入院になりました。

その時点ではお腹の痛みもなく、陣痛は起きていませんでした。

そのまま様子を見ていると夕方17時お腹の痛みを感じる様になり、10分間隔の陣痛となりました。

 

そこから弱い陣痛が深夜0時まで続き、先生にいつもより刺激の強い内診を受けました。とても痛かったです笑

内診を受けた後は今までとは違う痛みになり、本格的な陣痛が3分間隔で起こりました。

この時、子宮口は6センチから8センチ開いてると言われていました。

この期間でもすごい痛みを感じていたため、いつまで耐えればいいのだろうと何度も医師に尋ねました。

結局このまま、夜中の3時。

また、医師に内診を受け、踏ん張る作業も加え子宮口は全開となりました。

 

分娩台へ移動し、踏ん張ることができる様になったのですが、この時の陣痛はとても我慢出来るような痛みではなく激痛でした。

私と赤ちゃんは長時間の陣痛により、体力も無くなり弱っていたため、なかなか子宮口が全開になっても出すことが出来ませんでした。

 

このまま分娩台で頑張るものの朝の6時になっても出産出来ず、最後の手立てとして、促進剤を打っての出産を選びました。

 

点滴をする痛みもその時は感じませんでした。

 

そこから、1時間51分。

 

2017年3月10日7時51分

やっとのことで、3345グラムの元気な女の子を出産することが出来ました。

 

本格的な陣痛が来てから14時間後の出産で、平均的な時間とは言われましたが、私からしたら初産でも3時間とかで産んでる友達もいたため、難産かと思いました。

そんな長い闘いでしたが、産んで我が子を抱きしめた時にはそんな痛み忘れてしまうほどの喜びがありました。

 

出産の体験談を聞くと痛みなんか覚えてないと答える人も少なくないと思います。その意味が出産をして理解出来ました。

 

元気な我が子を授かることが出来これ以上の幸せはないと思います。出産を控えてる皆さん。不安ばかりでしょうが、必ず痛みの終わりが来ます。気合いで乗り切ってください!!!

著者:ふみさん

25歳の新米ママです( ^∀^)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。