妊娠・出産・育児の情報サイト


一番辛かった陣痛

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

予定日より2日遅れていました。

その日は朝から散歩をしましたが、かなりお腹が張ってしまい、午後はゆっくりしていました。

すると、痛みが定期的にあることに気付きました。間隔は20分~30分だったので様子を見ると、夕方には10分~15分くらいに。

破水はしていなかったのでお風呂に入ろうと思っていたらおしるしが!

不安になり病院に連絡すると「急がなくて大丈夫だから、夕飯をしっかり食べてから来て下さい」と言われ、夕飯を食べましたが痛さが強くなり食べられず病院へ。

 

しかし子宮口は2cm。まだまだ時間がかかると言われました。私はそのまま入院し、主人は一度帰されました。

ここからが長かったです…

夜中になるにつれ、痛みが強くなりました。

最初はお腹を丸めていれば耐えられたのが、何かを掴まないと耐えられないほどに。

あまりの痛さに吐いてしまい、夜中は一睡も出来ませんでした。

ナースコールも押して助けを求めましたが「お母さんが陣痛に耐えなくてどうするの!赤ちゃんも頑張ってますから!」と言われ…

ひたすら耐えましたが、2回目吐いてしまった時にベッドを汚してしまい、そのまま陣痛室から分娩室へ。

子宮口はそれでも5cmほどで、夜中3時頃でした。

 

陣痛室は静かだったので声を殺していましたが、分娩室は誰もいなかったので「痛いー!!」と何度も叫びながら、持つところを力強く握り、汗もびっしょりでした。

時々来る看護師さんには「声を出さずに息吐いて。赤ちゃんに酸素を送ってあげて」と言われていましたが、それどころではなかったです。失神してしまうくらいでした。

 

そして朝7時くらいに子宮口が9cmになり、出産準備へ。

出産する時も力の入れ方が難しく、「目を閉じないでおへそを見て!」「声出さないで、力が逃げていくから!」「息吸ったら、20秒くらい息止めて力入れて!」などなど…色々言われていましたが、それどころではありませんでした。

 

それでも頭が出かかってる時には感覚で分かったので、踏ん張ればもう少しで出る!と思い、最後に踏ん張ると、スルッと出ました。

その瞬間、痛みも一気に消えましたが、陣痛時からずっと力が入っていたので手足の震えが止まりませんでした。

 

「おめでとうございます!」と赤ちゃんを渡された時は放心状態で残念ながら感動はなく、長い戦いが終わった…という感じでした。

産む瞬間も多少痛いですが、陣痛に耐える方が何倍も大変で辛かったです…。

著者:KaNa

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。