妊娠・出産・育児の情報サイト


34週、まさかの陣痛。

f:id:akasuguedi:20170428164426j:plain

f:id:akasuguedi:20170423125428p:plain

今回の妊娠はワーキングママ初体験です。産休が3月16日からにも関わらず18日に陣痛が来てしまいました。

ずっと立ち仕事だったので体には負担だったのでしょう。

18日の朝方から腹痛がきて、お腹が冷えたかなと思い、トイレへ。

痛みがおさまり横になるとまた痛みが。

トイレへ行き、いきんで見ると出血が。

切れ痔かなと思い放置して、朝が来るまで待ちました。その間、規則的に腹痛が。

これは、もしや?と思い病院に電話をすると、すぐ来てくださいとの事。

行って診察してみると子宮口が開いてたらしく、陣痛きてるよ!と先生がおっしゃいました。

え?34週なのに陣痛来ちゃったの?

と思いました。私は1人目帝王切開だったので2人目も帝王切開と言われてました。次に言われたのがまさかの土曜日で麻酔科の先生がいない。

市街にある大きい病院に搬送されること。

だいたい1時間のところです。

救急搬送されて大きい病院に着くと、スグに検査、麻酔の準備。

子宮口開いてた上に赤ちゃんの袋が見えてると言うことと横位だったので緊急帝王切開確定。

前回全身麻酔でしたが今回は局部麻酔。

針を背中に刺すと激痛が。

終わると手術室に運ばれ、強い麻酔が投与され手術が始まり10分くらいで娘に会えました。2500gの少し大きめのサイズでした。

産後は全身麻酔に比べて痛みも少なく今は回復に向かっています。娘は1ヶ月入院することになっています。今回早産し、やはりお腹の張りや休息は大事だってことを痛感しました。

何よりも娘が大きめだったこともあり回復が早くて一安心です。

著者:いくみん

今回2児のママとなりました!!年子なので頑張っていきたいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。