妊娠・出産・育児の情報サイト


予定日を過ぎて陣痛促進剤をつかうことに…

初産では予定日を過ぎやすいとは聞いていたものの、予定日には両親や親戚、友人から控えめながらも「どう?」というメールが入り、なんとなくそわそわし、作るつもりのなかったベビードレスを作ったりして過ごしていました。

検索エンジンで"予定日 確率分布"と打ち込んだこともあります。

 

出産予定の総合病院での40週目の検診の際に担当の医師の方から、42週目にはいると胎盤の機能が急におちるため、出産は41週中に行えるよう、入院し陣痛促進剤を使用するとの説明がありました。

ただ、陣痛促進剤の使用にはリスクがあり、家族の同意書が必要なので入院の際に付き添ってもらうようにと言われ、促進剤使用のリスクと42週を過ぎることのリスクは天秤にかけられるのだろうかなどと悩みました。

というのも、自分の母親が出産の際に3週近く予定日を過ぎても陣痛促進剤を使わずに待って産んだことに自負があるようで、電話する度に促進剤は断ったほうがいいと言われてストレスに感じていたからです(笑)

夫に医師の方からの説明を伝えるときには、コントロールできるリスクのほうを取って、期日までに出産にならなければ入院して陣痛促進剤をつかうことにしようと思うと自分なりの考えをまとめることができました。

夫も賛成してくれ、とはいえ自然に出産になるのがいいと話していました。

 

結局、陣痛も破水もおしるしもなく、41週1日で入院しました。

子宮口が1センチとのことで、はじめは水風船を入れ、その刺激でお産になることもあるが、ならなければ翌日点滴を使用するとの方針になり、またその間はずっと赤ちゃんの心拍と私のお腹の張りを確認するモニタをつけておくとのことでした。

入院1日目のお昼に風船を入れましたが、処置はかなり痛く、そしていれてすぐから7~10分間隔の規則的な痛みがありました。

程度としては冷や汗が出て、シーツかベッドの柵をつかまずにはいられないくらいで、今までに経験したことないくらいには痛かったので、あと何時間もこの痛みに耐えるなんて、お産なめてたと反省しました。

それまでに読んだ経験談を思い出し、おやつと夕食は痛みの合間を狙ってしっかり食べました。

夜9時過ぎに風船を抜いて内診してもらうと子宮口は5センチとのことで、しかし残念ながら痛みは遠のいてしまいました。

 

2日目、内診の後、オキシトシンの点滴をはじめると30分もしないで再び3分程度の間隔で痛みがきました。

が、モニターの赤ちゃんの心拍を見るとどうやら寝ているよう。

助産師さんが30分毎に点滴の量を増やすのに心のなかで「ストップ!」と言っていました(それではいつまでも赤ちゃんに会えないのですが)。

そこから先は無我夢中すぎてよく覚えていません。5時間かからずに赤ちゃんに会うことができ、会えたことが泣きたいくらい嬉しかったことくらいです。

夫には点滴はじめたよ、とメールした後余裕がなくなってしまい、落ち着いた後に生まれたと連絡することになって、間に合わなかったと残念がっていましたが。

著者:ぐのりあ

育休を取って、夫と協力しながらはじめての育児に邁進中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。