妊娠・出産・育児の情報サイト


初産婦が出産から1ヶ月までを振り返る

出産日は約一週間早く突然にやって来ました。

妊娠後期になり、あっという間に目標体重を超えていた私は天気がよかったため一時間半のお散歩をし、買い物を終え旦那の帰りを待っていました。

 

19:30頃、あれ?なんか水が流れる感覚があり、破水かなと思い直ぐに病院へ連絡しました。

入院準備をし20:30病院へ到着、たまーに生理痛のような鈍い違和感はあるものの歩く余裕もありました。

「意外に歩けるんだね」

と話しながら、そのときはその後まもなく苦痛がやってくるなんて思いもしませんでした。

 

診察室に入り診察をすると子宮口が2.5㎝開いているとのこと。

21:30頃NSTモニターを装着すると陣痛が10分以内になり、どんどん陣痛感覚短くなる。トイレに行きたいと思い、動こうとしたらさらに水が流れるかんじがあり完全破水しました。

 

徐々に陣痛が強くなり、腰が痛いのやら、お腹が痛いのやらで旦那に腰を強くさすってもらってました。

陣痛が来るときはとにかく辛くベッドで寝返りし、右往左往、ベッドから落ちてもいいやと思うくらいでベッドでゴロゴロ。

子供は二人ほしいと思っていたけれど、この陣痛をあじわいもう出産はしないと思う位でした。

おしりからなにかが出そう!!すると、助産師がお尻にテニスボールをあててくれすごく楽になりました。テニスボールに助けられました!!

苦痛で汗が流れ、喉が乾いてもいつくるか分からない陣痛に水を飲むタイミングもわからないくらいでした。

とにかく腰がいたい!おしりからスイカが出そうで「出そうでそうと」連呼していると、助産師が冷静に「まだでないから、深呼吸だよ」と一喝され我を取り戻しました。

 

その後助産師に内診するから移動してと言われ、「この痛みと戦ってる最中に移動なんて…オニだ」と思いながら診察台へ、子宮口は7〜8cm、出産は日付変わる頃かなと言われました。

そのまま分娩室へ行くと、なんだか慌ただしくお産の準備が始まり分娩台へ。

おしりが圧迫されているかんじがあり、定期的にいきみたい感覚におそわれ、いきむと血圧が上昇。

血圧が高いため、血圧を下げる薬を始め、酸素マスクを装着され、なにがなんだか分からない状態に。

血圧が高いので会陰切開と吸引分娩を行うことになりました。

いきみながら、吸引され感覚も分からないまま、産声が聞こえたのです。

 

39週と1日、23:07 2時間17分で2,960gの女児が誕生しました。分娩時間が短く、慌ただしさにのまれあっという間の出産でした。

初めて子どもを抱いたとき、言葉では表現できない初めて味わう幸福感がありました!

なにより、長い間お腹のなかで一緒にすごし、やっと会えたことに安堵の思いでした。

 

産後おっぱいトラブルや寝不足、育児の不安、切開部の痛みはあるけれど、一生懸命に泣いて、必死に母乳を飲んで生きてる姿は感動です。

陣痛を体験し、もう出産はしないと思ったけれど不思議と苦痛な感覚は忘れてしまいました。きっと子供が苦痛な思い出以上に幸せを運んで来てくれたんだと思います!

出産の苦痛はそのうち終わります。その後しあわせが待っていますよ!

著者:とっしー

31才、初産婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。