妊娠・出産・育児の情報サイト


何と!ハネムーンで赤ちゃん、でも帰りの飛行機が心配~

昨年冬から挙式&ハネムーンの為

ハワイ島に滞在中の時のこと。

挙式の準備を進めながら、

イルカと一緒に泳ぎに海に行ったり、

溶岩が海に流れ落ちるオーシャンエントリーやマウナケア山へ観光もしたりと。

割とアクティブに過ごしていました。

そしてクリスマスイブを迎える前日。

海の帰りに立ち寄った古い教会で、

急にお腹の中に強い違和感を感じ、

「あれ?これは赤ちゃん?(着床したかも)」と予感した私。

彼にも伝えてそれはそれは楽しみに、

検査薬が使える日を心待ちにしていました。

それからの数日は眠気や疲れやすさ、

船酔いみたいな不思議な感覚が次々現れ。

精神的にも少し情緒不安定だった気がします。

 

そしていよいよ挙式の日が近づき、

両親や友人達を空港まで迎えに行く日。

ちょうど生理予定日から1週間経つ頃だったので、帰りに妊娠検査薬を購入。

ドキドキしながら検査すると、

見事に陽性!(プラスのサインでした)

 

ここで授かったことに感謝を表し、

挙式当日には参列の皆にも報告させてもらいました。

 

さて、時々聞くことのあるハネムーンベイビー!

大体は帰国してから妊娠が分かるケースが多いと思います。

しかし私達の場合、挙式からもう1か月の滞在が残っていて、

帰国する時は、妊娠7週目に入っていました。

ネットで色々調べてみる中、不安と大丈夫なはず!の気持ちが日々交差。

(ただでさえ初期の不安定な時なのに)

大好きな飛行機が少し怖くなっていました。

 

しかも初期のつわりも始まっていて、

トイレの回数も驚く程増えていたので、

長いフライト時間に対する不安も高まり、

帰国の日はかなり大きなイベント(ビックデー)になっていました。

ちなみに主人は「彼女妊娠しているんだ!」

という単語の発音練習を一生懸命していました(笑)

 

そしていよいよ帰国の朝。

お世話になった知人にお別れをし、

友人の車で空港へ!

空港では運良く、チェックインカウンターに知り合いがいたので、

早速妊娠のことを伝えると

すごい笑顔で「おめでとう!」と

私達の不安に対しては大丈夫ですよと一言。ボディチェックの時(マシーンに入る前)にスタッフの人に妊婦だってことを伝えると良いとアドバイスをもらいました。

 

その後ホノルルでの国際線チェックインでは妊婦だと伝えると、

直ぐに居心地の良い席の確保をして下さり、(日本での国内線ではビジネスクラスでした)全て無料でアップグレードしてもらい、機内でも本当に手厚いサービスをして頂きました。

航空会社の皆さんの優しさには心から感謝しています。

(主人はアップグレード?のワインの美味しさに、映画を観ながら終始ご機嫌でしたよ笑)

 

とてもとても不安だった帰りの飛行機。

乗ってみると、妊婦さんの多いこと多いこと(外国の方ばかりですが)

日本では「信じられない!」かもしれませんが、安定期に海外旅行へ行くことは。

海外の方にとっては案外普通のことみたいです。

 

「妊娠は病気でない」

と言うように、あまりむつかしく考え過ぎず。

お腹の赤ちゃんもママもリラックス出来ることを最優先に。

旅行も楽しめたらいいですね!

 

安定期に入った今は。

車で国内の島巡りを計画中です!

 

皆さんもお腹に宿った奇跡と、

我が子の生命エネルギーの強さを信じて、

ぜひ楽しいマタニティライフをお過ごし下さい!

著者:まめ

34歳

O型

旅好き

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。