妊娠・出産・育児の情報サイト


大声で怒鳴ったわたしに対して生後6ヶ月の息子は…

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初めての育児に翻弄されて5ヶ月頃までは

あまり記憶がないのですがこの頃やっと体調も

良くなってきて体が軽くなってきました。

 

そうなると今度は息子のひとつひとつが気になり始める…

 

顔を拭いたのにすぐよだれをつける

離乳食を食べてくれない

寝返りを打つようになってオムツをかえさせてくれない

理由がわからない号泣…

 

体調が妊娠前に戻れば戻るほど息子の小さなことにイライラするようになりました。

そしてわたしの顔から笑顔が消えてしまいました。

 

ただ、叩いたり怒鳴ったりしてはいけないと思っていたのでそれだけは…と我慢していましたが

 

離乳食を食べているときに息子が大声で遊びはじめてしまい口に入れても出してはキーキー

ぶぶぶーと離乳食を飛ばして遊ぶ…

わたしの限界でした。

思わず「うるさい!!」とすごく大きな声で叫んでしまいました。

すぐに「あ!やばい!言ってしまった…何もわからない赤ちゃんなのに…きっと泣く…」

と、思って息子を見ると

キョトンとした顔をして、それからわたしの顔をみてニコーっと笑ったんです。

 

その瞬間、ガチガチに固まっていた首と頭がスーっと軽くなって涙があふれてきました。

きちんとお行儀のよいいいこに育てなければならないと必死でした。

 

息子はわたしの大声を一緒に遊んでくれていると思ったようでそのあとは二人でキーキー叫びながら遊びました。

わたしの気持ちが変わると息子も変わり始め

寝付きがよくなりました。

 

なかなか難しいけれど、テキトーに育てるっていうのも時には必要だなぁと感じました。

著者:メープル

40歳バツイチ、子宮腺筋症。生理も不順で子どもはあきらめていましたが妊娠!

現在6ヶ月半の息子と愛する旦那と3人暮らし。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。