妊娠・出産・育児の情報サイト


産院選びで後悔したこと

産院を決める。

それは出産において1番最初の大きな決断です。

そして最も重要な決断だともいえます。

イメージがわかなくてなんとなく決めようとしている方に、同じ後悔はしてほしくない!と思い体験記を書くことにしました。

 

私は実家まで車で30分のところに住んでいて、夫は立ち会い出産や育児への参加を強く希望しており、里帰り出産に反対されていました。

両親からは里帰り出産しないことに不満を言われ、板挟み状態のストレスフルな状態が続く中で、産院を探していました。

 

出産のイメージもあまりわいていない中で、私が産院選びで優先したのは以下の3つでした。

・家から近いこと(入院中夫が病院に通いやすい)

・無痛分娩も選択肢に加えられること

・食事の評判がよいこと

 

では今から産院を探すとしたら、何をポイントに産院を決めるか。以下の3つを追加して決めると思います。

・帝王切開での出産の割合(医師の都合ですぐに帝王切開する病院があります。切らなくても産めるかもしれない可能性があっても時間や人員の都合から帝王切開になってしまうことがあります。私がそうでした。)

・助産師さんと医師の関係性(助産師さんの意見をきちんと医師が聞いているか。陣痛中、帝王切開に反対した助産師さんが必死に説得してくれたのですが聞く耳を持たない医師でした。)

・母乳育児推進かどうか(私は特に強いこだわりはなかったですが、完母で育てたい!など希望がある場合は指導方法や考え方など詳しく確認した方がよいと思いました。)

 

両親と夫の希望のどちらを優先するか、そのことばかりを気にしていたのもよくなかったなと思います。

まさか自分が帝王切開になるとは思いもよらなかったですし、帝王切開は母子ともに危険がある時だけだと思っていたので、産院を決める段階で調べたりすることはありませんでした。

 

帝王切開になってしまったこと以外、選んだ産院に不満はありません。

長くなった入院生活も、とても快適でした。

 

必要な判断で、納得のいく理由での処置であれば、帝王切開も立派なお産だと思います。

ただそうでない理由での帝王切開も少なからず行われている病院があるということを知っていたら…、私は違う産院を選んでいたと思います。

 

著者:しょーこ

30歳で長男を出産。ロマンチストで愛情深い夫と、ミニチュアダックスフント(♀)の3人と1匹で楽しく暮らしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。