妊娠・出産・育児の情報サイト


救ってくれたのはアイスとヨーグルト

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

悪阻がひどく、5週目から吐き止めを病院で処方されつつ、何も食べれず水さえ飲めない日々が続きました。

ひどい週は、病院で点滴を2日に1回打ってもらっていました。

飲み物はダカラなら飲めることが判明し、命水と命名し、夫に買いだめしてもらいました。

 

さらに、味覚がおかしくなり始め、あまり味がわからないような舌の奥がイガイガした違和感を解消するために、ひたすらピノのようなアイスクリームを口寂しくなったら食べていました。

ヨーグルトとトマト、フルーツが命の食べ物で、なかなか栄養のある食べ物を意識して食事が出来ませんでした。

著者:あんこ

妊娠初期の悪阻に苦しむ妊婦です。甘いものが食べたくなるので、お腹の赤ちゃんは女の子かも?!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。