妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛の乗り切り方

予定日を過ぎても生まれる気配がなく、妊婦検診に行きました。

「もう41週だから、明日促進剤を使って産みましょう。でもその前に状態だけ確認したいから内診させてね。」と先生に言われ内診台へ。

 

何事もなく内診が終わり着替えていたら、

「あれ…おしっこ漏らした?」

と思う程マタニティーデニムがびしょ濡れに…。

「あのー、なんかびしょ濡れなんですけど私漏らしたんでしょうか?それとも破水でしょうか?笑」

と先生にお話ししたところ、

「えっ!?すぐ内診台上がって!」

どうやら内診の刺激で破水したようです(笑)

 

そのまま入院になりましたが、次の日の朝になっても全く陣痛が来なかったので予定通り陣痛促進剤を使用しました。

徐々に薬が効いてきて、悶絶する程の痛みが…。

子宮を大きな手でギューっと握りつぶされるような、なんとも言えない激痛に心が折れそうになりました(笑)

 

「陣痛中にお腹の子に話しかけると、痛みが和らぐ」

と、なにかで見てものは試し!!とチャレンジしてみました。

「頑張れー、みんな待ってるよー」などいろんな事を話しかけてみました。

すると不思議なんですが、さっきまでただただ痛くて辛かった時間だったはずなのに、心にも身体にもかなり余裕が出ました!

痛くなくなる訳ではないんですが、痛みが和らぐんです。

 

そのまま順調に進み、無事元気な男の子を出産しました。

 

立ち会ってくださった先生、看護師さんに「本当に初産だよね?赤ちゃんにしっかり話しかけてあげれててかなり落ち着いてるように見えたよ」とたくさん褒めていただきました(笑)

妊娠中にこの情報を得なかったら、もっと辛くて長い時間を過ごしていたんじゃないかと思いました…何事もチャレンジですね!!笑

 

現在2人目を妊娠中なので、今回のお産の時も試してみようと思います!

著者:きっちゅ

20代ママ

2012年11月男の子 出産

2017年6月 出産予定

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。