妊娠・出産・育児の情報サイト


不妊治療、転院して良かった!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

高校生の頃に診断を受けた多嚢胞性卵巣症候群PCOSのため、妊娠希望になったら受診する様にと勧められてました。

結婚し妊活を開始する事になり、その診断をしてくれた病院の不妊専門の分院に通い始めたのですが、一年半で3度しか排卵確認できず…。

少ない量の服薬&注射で排卵を促す治療だけを延々と続けてました。

 

排卵できてないのに薬の量も増やさず、何の対策も検査もしてくれない病院に不信感を覚え始め、2年通院した後に、地元でかなり高名な不妊治療専門院の門をくぐりました。

初めからこの高名、有名な病院に行かなかったのには理由があります。

その病院は実績がすごいのは分かっていたのですが、何よりも治療を最優先させられる、先生もスタッフも厳しいなど、怖い内容の情報ばかりがネット上に出ており、妊活初心者だった当時の私にはかなり敷居が高かったのです。

 

しかし、結果として転院後5ヶ月で排卵三回を達成し、不妊原因もPCOS以外にもあることがわかり、卵巣の手術を受けた後に人工授精にチャレンジしました。

そしてなんと転院から僅か半年で妊娠したのです。

驚く事にスタッフや先生も、全く怖くなど無かったですし、治療に専念しないと怒られるなどということもありませんでした。

 

もっと早くに、何なら初めからこの病院にくれば良かった、と心から思いました。

結局ネット上のクチコミなどの情報は、書き込まれた方の個人的な感想であって、それは必ずしも自分に当てはまるものでは無いのだと身に染みました。

 

不妊治療はお金も沢山かかりますし、精神的な疲労もかなりあります。

だからこそ、納得がいく様に、自分で経験して決めていくのが大切だなと感じました。

 

私の様に長く悩んで時間やお金を無駄にしない為にも、転院しようか悩んでる方がいらっしゃったら、とりあえず受診してみる、という選択をお勧めします。

 

でも、不妊治療をして子供を授かれたことで、妊娠できる事は本当に奇跡なんだな、そして出産はもっと奇跡的なんだろうと思えます。

本当に良い経験でした。

著者:ぽてとのこ

不妊治療2年半で妊娠。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。