妊娠・出産・育児の情報サイト


出産の痛みより、産後の手術が痛い

出産予定日、夜中0時に生理痛の

ような痛みが始まりました。

 

わたしは、学生の頃から生理痛が

とてもひどくて2日ほど寝込まないと

いけないほどでした。

 

寝ている主人の横で痛みを我慢。

痛みの感覚がどんどん狭まってきたので

病院に電話しました。

 

入院グッズ持ってすぐ来てください!

 

と言われ、主人を叩き起こし病院へ

この時、動くのがしんどく痛みがさらに

増していました。

 

病院へ着くとすぐに分娩台に上がり

どれくらい子宮が広がっているか

確認されました。指をつっこまれてグリグリ

 

5センチ広がっていると言われ、疑問。

どれくらい広がっていたら産まれるの??

 

10センチくらいかな~!と言われ

これなら朝方には生まれるかもねと言われました。

 

痛みに耐えきれず、うめき声『あー!!うー!!』と叫んでいると主人に『俺、仕事あるから寝ていい?』と一言言われてカッチーン!!

 

眠いといいながらも背中を擦ってくれました。

 

わたしも陣痛の痛みと睡魔に襲われ

いつのまにか寝ていました。

 

朝方6時頃、痛みがさらに増してきたので

助産師さんにイキむ練習をしようと言われて

赤ちゃんが出やすいようにイキむ練習

 

おもわず、うんちしてしまいましたが

助産師さんがキレイに拭いてくれました。

 

6時半、主人が仕事に行く時間になったとき

もうすぐ生まれると助産師さんが慌てだした。

 

主人は、名残惜しそうに仕事へ。

朝8時、痛みは頂点に。息がしにくい、痛くて

この痛みいつまで耐えるの?と

先が思いやられ鬱っぽくなりかけたとき

 

『先のことを考えよう。この出産の痛みは1年後にはすっかり忘れているはず。みんな耐えてるしわたしにもできる!うぉー!!!!』とポジティブに

考えたら気持ちが楽に!

 

そう思った次のしゅんかん、子宮内から

自分の意志とは関係なくこどもが出てこようとしているのがハッキリ分かりました。

 

先生も来て、すっぽーんと生まれました。

生まれた瞬間すっきり!

 

かわいい我が子と対面できましたが、その後が

激痛!子宮が開いてオマタも開いているので

縫いますね!!と言われてオマタに麻酔をして

くれましたが、個人的に出産より縫う方が

激痛でした。

 

足も手もガタガタ痙攣し、恐怖。

 

無事に出産が終わりましたが、疲れと

痛み、乳の張りが半端無くてなかな寝れませんでした。

 

しかし、こどもとの対面は感動ものです。

 

著者:ぽーーん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。