妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠で体重が30キロも増加!お腹が出すぎて信じられない量の妊娠線ができてしまった

f:id:akasuguope01:20161031163135j:plain

妊娠するとおなかの悩みはいっぱいでてきます。

ちょっと人とは違う私の悩みかもしれませんが、自分はどちらかというと太っている方で、特におなかがかなり出ています。
そのせいで、よく本なんかに載っている、月齢ごとのおなかの出具合の目安が全くあてになりませんでした。
尚更妊娠時期は特に食欲旺盛で、何か口に入れていないと落ち着かず、食べては寝ての生活を繰り返していました。
ですので、どんどん体重は増える一方で、お腹もさらにどんどん出てきました。
正直周りには「もうこんなに大きくなったんだよ~」なんて言っておきながら、自分ではこれは自分が食べすぎているせいだという事はよく分かっていました。

分かっていてもとまらない食欲が私を悩ませます。
妊婦なので、お腹がでているのは当たり前です。
ですが、私は赤ちゃんがいなかったらどれだけおなかが出ている状態なのだろう・・・ととても不安になるくらい暴食による体重増加を感じていました。
それでも、おなかが大きくなったことで周囲から「大きくなったね~」や「順調だね~」と言ってもらえることになぜか安心感を感じてしまうという、複雑な感情の中過ごしていました。

産婦人科の先生には「体重増えすぎです」と怒られ続け、結局産後の体重は元の30キロ越え。
赤ちゃんと羊水の分で5キロ減ってはいたものの、25キロ太ってしまった自分の体を見てショックを受けました。
お腹の皮はだらっと伸びてしまい、まだ赤ちゃんがいるのではないかと思ってしまうほどのお腹の出っ張り。
量の多い肉が垂れ下がっているような体型でした。
何より驚いたのが、お腹が出すぎて見えていなかったのか、下の方に信じられない量の妊娠線ができていました。
てっきりなぜか自分にはできないものだと思っていたので、妊娠時期にしっかりケアをしなかったことを後悔しました。

人前に出るのも恥ずかしくなってしまい、入院中は家族以外のお見舞いを断ってしまいました。
まさかこんなに太ってしまうとは思わず、妊娠って色々な意味で怖いなあ、と思います。

産後はコツコツとダイエットし、元の体型には戻りましたが妊娠線はいまだに消えず、おなかの肉の皮は痩せたからさらに伸びてしまいだらしない体型です。
妊娠中は色々なトラブルが多い事は分かってはいたので、自分の気持ちが弱かったのが悪かったと思います。

f:id:akasuguope01:20161030214203j:plain

著者:MAMIO
年齢:23歳
子どもの年齢:3歳

ギャル卒してハタチで出産。仕事も辞め、不安だらけの毎日を乗り越え、今はすっかり家事も子育ても楽しめる主婦になりました。可愛い可愛い息子の成長を噛みしめながら充実した毎日を送っています。趣味特技はウィンタースポーツですが、しばらくはお休み中。子供がもう少し大きくなったら、教えてあげて家族で楽しみたいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。