妊娠・出産・育児の情報サイト


双角子宮に双子妊娠

f:id:akasuguedi:20170503234620j:plain

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

わたしの初めての妊娠はリスクばかりで毎日が真っ暗です。

 

重い生理が中学校から始まったわたしはずっと貧血でした。24歳の時に婦人科に受診し双角子宮と判明。そういう身体に産まれたのだと割り切って、食生活を気をつけて生活していました。

 

結婚してから、なかなか思うように妊娠出来ず、婦人科の先生になかなか出来にくいのかもしれないし、排卵もないこともあるから排卵誘発剤を飲んで、様子みましょう!と言われ飲みながら妊活を続けていました。

 

そこから、1ヶ月。あっけないほど簡単に妊娠検査薬陽性反応が確認でき、有頂天に!

 

喜びのまま婦人科に行き、このまま経過を見て、双角子宮もあるし大きな病院へいきましょうと言われていました。

 

5週目も半ばの頃、うっすらとした出血があり、不安になったわたしは、会社を早退して、その日に営業していた別の産婦人科へ受診。

そこで、双子妊娠であることを告げられ、喜びとともに不安が強くなって涙が止まりませんでした

 

双子は双角子宮の片方の子宮の方におり、もう片方の子宮は、妊娠したつもりでいるとのことでした。(わたしの子宮は左右同じくらいの子宮の大きさで真ん中に壁があるような状態)さいわい、出血は妊娠してないほうの子宮から漏れ出たものだと言われ大事でさなかったです。

 

しかし、そこの産婦人科でも大学病院を強く勧められ、紹介状をもってその日は帰りました。

 

仕事のたびに安静を意識しながら、過ごしていましたが、職業柄、人の命に関わることが多いため、自分の体に見合ってない頑張り方をしてしまい、ふたたび、出血。

そのままお休みをもらい、大学病院を受診しました。

 

大学病院でも、かなり高リスクの妊娠だと言われ、不安は更につのります。

もともと半分の力の子宮に2人の子供を抱えていて、どのタイミングかはわからないが、必ず入院が必要となると言われました。

安静のためひとまず、2週間のお休みをもらうよういわれ、明日から自宅安静になります。

 

このまま安静にしているしか打つ手がない歯がゆさや、友達や、先輩は大きなお腹を抱えながらも仕事をしている姿をいっぱい見てきたのに、なぜわたしは、妊娠初期からお休みをもらっているんだろう、などとつい1人で考えてしまいます

 

毎日いつまでベイビーが頑張ってくれるだろうと不安でいっぱいです。

感情が不安定で一日中涙が止まらないときが多く、旦那も疲れ始めています。

著者:yoko

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。