妊娠・出産・育児の情報サイト


生後1ヶ月の娘のほっぺにできた湿疹。みるみるうちに顔全体、胸や背中にも?!

f:id:akasuguope01:20161031171032j:plain

娘が生まれて1ヶ月が過ぎた頃、おっぱいをしっかり飲めるようになったり、夜にまとまった時間寝てくれる等生活のリズムが出来てきたので一安心していました。

「心配事はだいぶ減ったな」と思っていた矢先、娘のほっぺたに湿疹が1つ出ました。

「上の子も乳児湿疹が酷かったし、赤ちゃんだから仕方ないよね」

と、軽く考えていたのですが、翌日の朝になると顔全体に、その次の日には首まで、その次の日には胸や背中まで真っ赤になっていました。

 

「お風呂には毎日入っているし、室温もエアコンで調節してあるのになぜ!? もしかしたら乳児湿疹ではなく、何か皮膚の病気だったらどうしよう!」

と思い、インターネットで色々調べましたが、湿疹の写真を見ても私には何の湿疹か判断出来るわけもなく、心配が募るばかりでした。

娘が湿疹を痒がったり痛がったりしていないのが唯一の救いでした。

 

娘を出産した病院の助産師さんに相談したところ、

「皮膚科で診てもらった方がよさそうだね」

とアドバイスをもらい、その日のうちに皮膚科に行きました。

皮膚科の医師に診察してもらったところ、おそらく乳児湿疹ということでしたが、他の皮膚炎の可能性も捨てきれなかったため、念のために顕微鏡で調べてもらいました。

「やはり乳児湿疹だね。あせもとニキビだよ」という話でした。

その結果を聞いて、他の皮膚炎ではなく乳児湿疹ということで安堵する一方、あせもとニキビが出たのは娘を清潔に保てなかったことが原因なのではないかと後ろめたい気持ちになりました。

 

医師からは2ヶ月も経てば乳児湿疹がよくなること、乳児湿疹は汗との相性が悪いので、汗をかいたらこまめに濡れたガーゼで拭いてあげるようにアドバイスされました。

生まれたての頃のツルツルスベスベの肌に戻れるように、そして娘に対する申し訳ない気持ちを払拭するように日中は沐浴、夜はお風呂にいれました。

また、首筋が汗で光っているのに気づいた時は、すぐに濡れたガーゼで拭くように心がけました。

 

乳児湿疹が少しマシな日もあれば、翌日にはまた沢山出ている。一進一退の状況でした。

めげずに清潔を心がけ、1ヶ月半たった頃には乳児湿疹はほとんどなくなりました。

ツルツルスベスベの肌に戻った娘がますます愛おしく感じました。

 

娘の生後1ヶ月は乳児湿疹との戦いでした。

湿疹が広がるスピードは本当に早かったので、本当に驚きました。

今後も清潔を保つように心がけていきたいと思います。

f:id:akasuguope01:20161029111646j:plain

著者:しおにゃん
年齢:34歳
子どもの年齢:5歳、2ヶ月

 5歳の男の子と2ヶ月の女の子を育てています。

下の子を泣かせずに上の子をお風呂に入れることができるか、ご飯を作る時間は確保できるか等、毎日ドキドキしながら生活しています。
家事と育児に追われヘトヘトの毎日ですが、子どもたちが寝静まった後に大好きなおやつを食べることを楽しみに毎日頑張っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。