妊娠・出産・育児の情報サイト


新生児は「カシャカシャ、パリパリ音」に興味津々! おもちゃじゃなくてもOKかも?

f:id:akasuguope01:20161031161208j:plain

赤ちゃんがうまれて、親戚や友人からお祝いによくいただいたものは、スタイや洋服、そして絵本やおもちゃ。

特におもちゃは、産まれたばかりの頃は、赤ちゃんが握って振ることで音が出るいわゆるガラガラやラトルや、握ると新聞紙やビニール袋のような「カシャカシャ、パリパリ音」が出るおもちゃを何人かの方からいただきました。

新生児が使うということで、素材もオーガニックのものや、手触りが優しいタオル生地のもの、そして赤ちゃんが女の子だったこともあって、おもちゃの色も淡いピンクやオフホワイトなど、優しい感じのするものを選んでいただくことが多かったです。

私自身も、子供ができる前までは、友人の出産祝いにはそういったおもちゃを選んでいました。

 

ただ、もちろんうまれたばかりの新生児の頃は、赤ちゃんはおもちゃを自分で握ることすらできません。視力もまだ弱いので、淡い色にはあまり興味を示しません。

おもちゃをしっかりと握って、口に入れてなめてみたりし始めたのは、生後3か月あたりからだったと思います。

そこで、新生児の頃のおもちゃの使い方としては、もっぱら泣いている娘をあやす時に、大人がガラガラを振ったりパリパリ音のするおもちゃを触って、音を聞かせることが主でした。

 

赤ちゃんの興味をひいていたのは、断然「カシャカシャ、パリパリ音」のほうでした。この音は、母親のおなかの中にいた時に聞こえていた音に似ているのだそうです。

そんなわけで、まだ授乳タイムでもないのに赤ちゃんがぐずりだすと、大人たちは一生懸命ハンカチ状の平べったい布のおもちゃを握って、音を聞かせて気を引いてあげていたのでした。そればかり使いすぎて、だんだん劣化してパリパリ音がしなくなってしまったほどでした!

この経験もあったので、その後、私の妹が出産したときには、洋服と合わせて、もちろんパリパリ音のおもちゃをプレゼントしました。

 

新生児の頃はあっという間に過ぎてしまいますし、今から思えば、必ずしもおもちゃは必要なかったのかもしれません。パリパリ音も、おもちゃがなければビニール袋や新聞紙などで音を出しても良かったですし…。

おもちゃそのものよりも、顔を見せて声をかけてあげたり、手を握って優しく動かしながら歌を歌ってあげたり、そういう触れ合いが赤ちゃんには重要だし、喜んでもらえるんだと思います。

f:id:akasuguope01:20161031145049j:plain

著者:koge
年齢:35歳
子どもの年齢:4歳と妊娠5か月

4歳になったばかりの娘の母です。また、現在待望の二人目を妊娠中で、妊娠4か月になります。一人目のときもそうでしたが、今回もつわりが長引いていて、毎日の家事、育児が大変!少し動いては横になって休む日々です。でも、パパにかなり助けてもらいながらですが、なんとか頑張っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。