妊娠・出産・育児の情報サイト


情緒不安定でも大丈夫

f:id:akasuguedi:20170428164426j:plain

f:id:akasuguedi:20170430201658p:plain

9月に妊娠が分かりました。そして、8月から同居生活がスタートしていました。

 

最初はウキウキでした。2人の気持ちが、互いを好きになる一方です。

けれど、私が妊娠中期ごろになると情緒不安定になり、旦那さんに対して「イライラ・ムカつき・ストレス」が増えてきました。最悪なときでは、「離婚したい」などとも言いはじめました。

今までの自分ではないみたいに暴れたり、物にあたったり、旦那さんを叩いたりしていました。今になるととても恥ずかしいです。

そんな私に対して、旦那さんは、優しくしてくれました。

たまには、怒ることもありました。お互いが言いたいことを言い合って話し合いにならないときもありました。

けど、旦那さんは、一切、離婚などの言葉を発しなかったです。私がまだまだ子供だったのかな…笑

 

今まで、見たことない旦那さんの姿を見ました。

あんなに怒るとは、思ってもいませんでした。

けど、全部は私のために怒ってくれてました。

今になってとても思います。

自分を見失いそうなときでも1番側にいてくれるのはやっぱり、旦那さんです。

旦那さんがどれほど大切なのか分かることができました。

 

旦那さんは、私がつわりでしんどいときは、お弁当を作ってくれたり、洗濯物をしてくれたりで、家事をほとんどしてくれました。

もちろん、食べれる物が限られてたので外食も増えてました。

役割分担は特にせず、気づいた方がする感じでした。

 

安定期にも入り、落ち着いたところで旅行に行こうとなって、鳥取方面に行きました。

けど、偶然、大雪で行くことができず、岡山でのんびり旅行をすることに変更しました。

安産祈願もしっかりできたのでいい思い出です。

この期間しか2人の時間をゆっくり過ごさないと思い、お花見に行き、のんびり暮らしました。

 

だんだん、お腹もふっくらしてきて、胎動も感じはじめた頃に、やっと、母親になるんだ。と実感をし始めました。

正直、不安な事が多いです。

けど、いつかは母親になるものです。

妊娠ができない人もいます。

新たな命を預かることは、本当に幸せな事です。

なので、これから辛い事があっても、旦那さんと乗り越えるしかありません。

 

子供が元気に産まれることを今は祈っています。

妊娠をして、こんなにも人生が変わるとは思いませんでした。

とてもいい経験です。

私の母にここまで育ててくれたことをほんとに感謝してます。

次は私の番だとおもって、立派な子供を育てたいと強く思いました。

著者:ジョージ

初マタ

20歳

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。