妊娠・出産・育児の情報サイト


優秀な妊婦だったのに…

f:id:akasuguedi:20170508225801j:plain

妊娠7ヶ月まで働き、トラブルもなし、とても優秀な妊婦でした。

 

しかし…32wの健診で、胎児の体重が1400グラム。

『ちょっと小さいわね』

2週間後からは出産する総合病院での健診だったので、そこでフォローしてもらいましょうということになりました。

 

不安な2週間…。

ネットで良い食べ物を検索して食べてみたり。

そして、34wの健診ではまさかの2000グラム。

 

安心したのも束の間。

34w4dの夜中に突然の腹痛。

始めはまさか…と思って寝ようと思いましたが、定期的な腹痛が続き…

そこですぐに病院に連絡すれば良かったんです。

でも私は夜中とかそんなことを気にして朝になるまで耐え、次の日に受診。即入院。

 

24時間の点滴で、動悸、熱感、手の震え…

とてもツラく、そしてそのまま陣痛もおさまることもなく、点滴量MAX。

これ以上は胎児に負担がかかると言われ、肺を強くする筋肉注射をし、35w2dで出産になりました。

 

推定2300グラムと言われていたけど、産まれた子は1915グラム。

いろいろな検査に引っ掛かり、心配もたくさんしました。

 

それでも今は何の障害もなく、むしろ健康優良児。

風邪もほとんど引かず毎年皆勤賞です。

著者:ひー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。