妊娠・出産・育児の情報サイト


絶対にしたくなかった会陰切開。でも出産当日、私の思いは「早く切って欲しい!」

f:id:akasuguope01:20161031164958j:plain

初めての妊娠は出産がどんなものなのか想像がつかないため、嬉しい気持ちより不安の方が大きかったです。「陣痛が痛すぎて半分気を失いながら出産した」という先輩ママの体験話も聞いたことがあり、さらに恐怖に陥っていました。今から不安になっても仕方がないと分かっていても、自分に耐えられない痛さだったらどうしよう・・・とつい考えてしまったのが正直なところです。

先輩ママの出産体験話で、もう一つ恐怖だと感じたものがあります。それは「会陰切開」です。聞くところによると、する人しない人がいるよう。私の周りにいる先輩ママは、ほとんど会陰切開を経験していました。会陰を切開するなんて、想像をしただけで身震いしてしまいます。お産の状況によっては、麻酔なしで切るケースもあるとか。話を聞くだけで、痛くてたまりません。

会陰切開が必要なケースは「赤ちゃんが産まれるときに避ける可能性が高いとき」や「会陰の伸びが悪いとき」などだそう。状況によって行う行わないが決められますが、会陰切開をしなくて済むよう今できることをしておきたい!そう感じた私は妊娠中期に入ったころから、膣が伸びやすくなると聞いたトイレ掃除や雑巾がけを意識して行うように。会陰が十分に伸びれば、会陰切開の必要がなくなると思ったからです。

いよいよ出産当日。初めての陣痛に戸惑いながら分娩台へ向かいました。陣痛の間隔が狭まるたび、呼吸が荒くなります。妊娠中に習った呼吸法を実践する余裕すら持てない状況。そして運命の出産直前。先生が当たり前のように「切開するとスムーズだから切るね」と言って、会陰切開を実施しました。私の努力は水の泡だったのか・・・その時は残念な気持ちに。

しかし会陰切開で出産がスムーズになるなら、早く切って欲しいとも思えました。ともかく早く産みたいが一心です。恐怖だと感じていた会陰切開の痛みはそれほど感じませんでした。それ以上に陣痛の痛さが辛い。会陰切開の恐怖なんて吹っ飛ぶくらいの陣痛です。

会陰切開をしないにこしたことはありませんが、場合によって必要な処置であることだと感じました。会陰切開をしたおかげで、赤ちゃんがスムーズに出て来てくれたからです。産後は傷口が想像以上に傷みましたが、1カ月も経過すると気にならなくなりました。

出産に対する恐怖で体がガチガチになってしまうと、会陰の開きが悪くなることもあるそう。初めての出産は、どうしても緊張して体が固まってしまいました。2人目出産時は、なるべくリラックスして出産に臨みたい。そして会陰マッサージを行うなどして、今回以上に会陰の伸びを良くしておきたいと感じた出産体験でした。

f:id:akasuguope01:20161028175431j:plain

著者:ビロード
年齢:36歳
子どもの年齢:5歳と3歳

やんちゃ盛りの5歳男児とおっとりした性格の3歳女児を育てています。子どもが何歳になろうと、育児の悩みは尽きないものだな~と感じる毎日を送っています。2人目の出産直前までフルタイム勤務をしていたため、仕事と育児の両立の大変さも経験。現在は専業主婦であり、働くママと専業主婦両方の大変さを身に染みて感じています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。